年表

時代

年表

閉じる

国内・海外ニュース

こんな年

 20世紀最後の平成12年は、天変地異とモラル崩壊のいい知れぬ不安の1年だった。1月、新潟で9年も監禁された少女が見つかった。県警本部長は接待マージャンで捜査そっちのけ。モラル崩壊はそのまま、少年たちの残虐ないじめや5000万円恐喝、バスジャック、金属バット殺人に結びつき、少年法は罰則強化された。春、北海道有珠山が噴火、夏は三宅島の雄山、全島避難は今も続く。秋の東海豪雨に鳥取地震。異変は永田町にも及び、密室で決まった小渕後継森内閣への不信は次々と無党派知事を生む。海外からはうれしい知らせが届いた。朝鮮半島の南北和解が進み、金大中大統領と白川英樹名誉教授にノーベル賞。シドニー五輪では日本女子選手が大活躍した。(2000.12.30中日新聞朝刊より)

その他の世相

 新五百円硬貨発行/BSデジタル放送開始/ヒット曲…サザンオールスターズ「TSUNAMI」、氷川きよし「箱根八里の半次郎」/ヒット映画…「ミッション:インポッシブル2」、「グリーンマイル」/ヒットドラマ…「ビューティフルライフ」、「やまとなでしこ」/新語・流行語…「おっはー」、「IT革命」

プロ野球優勝チーム(☆は日本一)=☆巨人(長嶋茂雄)/ダイエー(王貞治)

中日(星野仙一)順位=2位

高校野球甲子園優勝校=春/東海大相模(神奈川)・夏/智弁和歌山(和歌山)

往く人

成田きん(長寿で知られた双子の姉、107歳 1.23)、ドン・バッジ(テニス選手、84歳 1.26)、荒井注(俳優、71歳 2.9)、橋本功(俳優、58歳 2.21)、小渕恵三(政治家、62歳 5.14)、アンディ・フグ(格闘家、35歳 8.24)、鈴木その子(美容家、68歳 12.5)

国内ニュース

国内中学生の5000万円恐喝など少年凶悪犯罪続発

 4月5日、愛知県警が中学の同級生から5000万円以上を恐喝していたとして少年3人を逮捕。その後、愛知県豊川市の主婦殺害(5月1日)、西鉄高速バスジャック(5月3日)、岡山県のバット殴打(6月21日)など17歳少年の凶悪犯罪が続発したことを受け、与党三党は少年法改正案を国会に提出。11月28日、刑罰対象年齢の下限を16歳から14歳に引き下げるなど厳罰化を柱とする改正少年法が成立した。 しかし、その後も東京・歌舞伎町ビデオ店爆破、渋谷の金属バット通り魔事件など少年の暴走は年末まで続いた。

国内

大型自然災害多発。東海豪雨、三宅島噴火など

国内大型自然災害多発。東海豪雨、三宅島噴火など

 有珠山や三宅島の噴火、東海地方の記録的豪雨、鳥取県西部地震など大型の自然災害が次々と起きた。9月12日の東海豪雨では、堤防が決壊した地域の住民が学校などに避難。三宅島には9月1日、全島避難の指示が出され、島民は都内の公営住宅などでの生活を余儀なくされた。(写真は、三宅島全島民避難で大きな荷物を持ち船に向かう島民)

国内

小渕首相が病気で倒れ、森連立内閣発足(4月)

国内小渕首相が病気で倒れ、森連立内閣発足(4月)

 小渕恵三首相(5月14日死去)の緊急入院を受け、自民党幹事長だった森喜朗氏が後継首相に選ばれ、自公保3党連立の森内閣が4月5日に発足。後継選びは、森氏を含めた自民党幹部による「密室の談合」で事実上決まり、その正統性に批判が集中した。(写真は、小渕恵三首相の密葬を終え、遺影を手に沈痛な表情でひつぎを見送る二女の優子さん)

国内シドニー五輪で日本女性陣大活躍、高橋尚子選手ら金(9月)

 9月24日、シドニー五輪女子マラソンで高橋尚子選手が2時間23分14秒の五輪最高記録で優勝、日本陸上女子としては史上初の金メダルに輝いた。柔道の田村亮子選手も金を獲得(9月16日)するなど、日本のメダル総数18個のうち女子が13個を占め、大活躍した。

国内雪印食中毒、三菱自リコール隠しで企業モラル問われる

 雪印乳業大阪工場の乳製品による食中毒事件(6月30日)や三菱自動車工業のリコール隠し(7月19日)が相次いで発覚した。両社には警察が強制捜査に入り、刑事責任の有無も追及。不衛生な製造工程や組織的な隠ぺい工作があったことが分かり、大企業のモラルが問われた。

国内介護保険制度がスタート(4月)

 要介護老人を社会全体で支える介護保険制度が4月1日にスタート、40歳以上の国民からの保険料徴収が始まった。新制度は、認定基準の不徹底や「家事援助」との区別をどこに置くかなど問題を残しつつ、10月には65歳以上からの保険料徴収も始まった。

国内新潟の不明少女を9年ぶり保護、警察対応に批判(1-2月)

 当時小4の少女を9年余も自宅に監禁していた新潟県柏崎市の無職佐藤宣行容疑者(37)が2月11日、未成年者略取容疑などで逮捕された。女性が保護された1月28日夜に、新潟県警本部長や関東管区警察局長らがマージャンをしていたことが発覚、2人が辞任した。

国内旧石器発掘でねつ造が発覚(11月)

 前期旧石器時代の地層から多数の石器が出土したとされた宮城県の上高森遺跡で、東北旧石器文化研究所の藤村新一副理事長が、自ら石器を埋めて発掘をねつ造していたことが11月5日発覚。北海道の総進不動坂遺跡のねつ造も認め、教科書の修正問題にも発展。

国内

白川英樹筑波大名誉教授にノーベル化学賞(12月)

国内白川英樹筑波大名誉教授にノーベル化学賞(12月)

 10月10日、2000年のノーベル化学賞に、白川英樹・筑波大名誉教授ら3人が決まる。「電気を通すプラスチック」といわれる導電性高分子の発見と開発が認められた。日本人のノーベル賞受賞は1994年の文学賞の大江健三郎氏以来、6年ぶり9人目。(写真は、筑波大学講堂でノーベル賞の賞状を聴衆に披露する白川英樹さん)

国内

長野県知事に田中康夫氏、栃木でも無党派知事

国内長野県知事に田中康夫氏、栃木でも無党派知事

 政党不信が続く中で、長野県知事に作家の田中康夫氏(10月15日)、栃木県知事に前今市市長の福田昭夫氏(11月19日)が当選した。両氏とも、政党が推す対立候補を破っての勝利で、都市部に顕著だった無党派層が全国に広がっていることを証明した。(写真は、シャンパングラスを高々と上げ支持者にこたえる田中康夫氏)

国内日本赤軍の最高幹部・重信房子容疑者を逮捕(11月)

 日本赤軍の最高指導者で、1974年のオランダ・ハーグ事件の逮捕監禁容疑で警察庁が国際手配していた重信房子容疑者(55)が11月8日、大阪府高槻市内で逮捕された。公安当局は日本赤軍の支援組織解明のための本格捜査に入った。

国内百貨店そごう、千代田生命などが破たん(7、10月)

 大手百貨店のそごうが、7月12日、東京地裁に民事再生法の適用を申請したのをはじめ、10月9日、中堅生保の千代田生命、10月20日には協栄生命が金融機関の再建を目指す更生特例法の適用を同地裁に相次いで申請し、破たんした。こうした大型倒産を背景に平成12年の全国の企業倒産による負債総額は戦後最悪となった。

海外ニュース

海外初の南北朝鮮首脳会談開く(6月)

 6月、金大中韓国大統領が北朝鮮を訪問。金正日総書記との間で、朝鮮半島分断から55年で初めて南北首脳会談を行い、5項目から成る共同宣言を発表した。宣言を受けて、離散家族再会、シドニー五輪での南北選手団の合同入場行進が実現し、分断された縦貫鉄道の復旧で合意するなど和解と交流が進んだ。金大統領は12月、韓国の民主化と南北朝鮮の和平、対日関係改善に尽力したとの理由でノーベル平和賞を受賞した。

海外米大統領選でフロリダ再集計問題大混乱、ブッシュ氏勝利(11月)

 11月7日に行われた米大統領選はフロリダ州の開票をめぐり大混乱。再集計の是非をめぐって民主党ゴア陣営と共和党ブッシュ陣営が法廷闘争を展開した。連邦最高裁は12月12日、再集計を事実上禁止、13日、ゴア候補が敗北宣言しブッシュ候補の当選が確定した。

海外超音速旅客機コンコルド墜落、山岳ケーブルカー火災

 7月25日、パリ郊外で、エールフランスの超音速旅客機コンコルドが墜落、乗客、乗員計113人が死亡した。11月11日には、オーストリア・アルプスで、山岳ケーブルカーが炎上、日本人10人を含む155人が犠牲となるなど、欧州では事故が相次いだ。

海外

ロシア大統領にプーチン氏当選(3月)

海外ロシア大統領にプーチン氏当選(3月)

 ロシアの大統領選挙が3月26日に行われ、「強いロシアの復活」を掲げるプーチン大統領代行兼首相が新生ロシアの第2代大統領に当選した。これによりロシアは、ソ連崩壊後、混迷を深めた約9年間のエリツィン時代に別れを告げ、新時代に入った。(写真は、日ロ首脳会談で森喜朗首相との会談に臨むロシアのプーチン大統領)

海外台湾総統に民進党の陳水扁氏当選(3月)

 3月18日の総統選で、民進党の陳水扁・前台北市長が当選、国民党政権が続いていた台湾で初の政権交代が行われた。民進党は綱領に「台湾独立」を掲げているが、陳総統は「中国が武力行使しない限り、独立宣言はしない」と、対中関係改善を重視する姿勢。

海外パレスチナ騒乱が拡大、中東和平プロセスに重大危機

 米大統領が仲介した中東首脳会談は7月に決裂。9月28日、イスラエルの右派政党リクードのシャロン党首がエルサレムでユダヤ、イスラム両教徒の聖地を訪問したのが引き金となってパレスチナ住民の抗議運動が拡大し、イスラエル軍との衝突が続いた。

海外日米欧チームでヒトゲノム解読完了と発表(6月)

 6月26日、米バイオ企業のセレーラ・ジェノミクス社と、日米欧の共同チームは、ヒトゲノム(全遺伝情報)の解読作業をほぼ完了したと発表した。ゲノムは人体の誕生、成長に不可欠な生命の基本データで、解読は新薬開発や医学の進歩につながると期待された。

海外ペルー国会、フジモリ大統領を罷免(11月)

 ペルー国会は11月21日、日本に滞在中のフジモリ大統領について「道徳性の欠如」を理由に事実上の罷免決議を採択。10年余に渡ったフジモリ政権が幕を閉じた。モンテシノス元国家情報局顧問の不正蓄財疑惑への関与が問われるフジモリ氏は帰国を拒否。

海外ロシア原潜が沈没、乗員118人死亡(8月)

 ロシア北方艦隊の原子力潜水艦「クルスク」が、バレンツ海で演習中の8月12日に沈没、乗員118人全員が死亡した。遺体から、沈没後の乗員生存を裏付けるメモが見つかり、欧米諸国からの救助支援を当初拒否したロシア当局の対応に国民の不信感が高まった。

海外ユーゴスラビアのミロシェビッチ独裁政権崩壊(10月)

 9月24日投票のユーゴスラビア大統領選で、得票数で優位に立った「民主野党連合」のコシュトニツァ氏が呼びかけたゼネストに首都ベオグラードの市民らが同調、10月5日、デモ隊が連邦議会などに突入し、13年に及ぶミロシェビッチ独裁政権が崩壊した。

海外ドイツが原子力発電からの撤退を発表(6月)

 ドイツのシュレーダー首相は6月15日、先進国で初めて原子力発電からの撤退を発表。ドイツの原発依存率は約3割だが、原子炉の平均稼働期間を32年とし、2030年代には原発全廃の見通し。

海外タイム・ワーナーとAOL合併で合意(1月)

 米大手メディア企業タイム・ワーナーと世界最大手のネットサービス会社アメリカ・オンライン(AOL)は1月10日、合併すると発表した。これにより、年間売上高が300億ドルを超える巨大企業が誕生することになった。

平成12年の作文を見る