年表

時代

年表

閉じる

国内・海外ニュース

こんな年

 2004年はさまざまな「災」に見舞われた。新潟県中越地方で大地震があり多くの死傷者が出たほか、台風が計10個も上陸し各地で犠牲者が出た。戦闘状態が続く国へ初の自衛隊派遣となったイラクでは、邦人の拉致や殺害が相次いだ。スマトラ沖地震による津波の死者は7万人を超え、邦人の旅行者にも多数の死者・行方不明者が出た。アテネ五輪でのメダルラッシュやイチロー選手の最多安打大リーグ新記録の快挙が、大きな夢と希望を与えてくれたことが救いだった。(2004.12.30中日新聞朝刊より)

その他の世相

 「冬のソナタ」など韓流ブーム/プロ野球で史上初のストライキ/東北楽天がパ・リーグに新規参入/ヒット曲…Mr.Children「Sign」、大塚愛「さくらんぼ」/ヒット映画…「ラストサムライ」、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」/ヒットドラマ…「新選組!」、「世界の中心で、愛をさけぶ」/新語・流行語…「チョー気持ちいい」、「セカチュー」

プロ野球優勝チーム(☆は日本一)=中日(落合博満)/☆西武(伊東勤)

中日(落合博満)順位=1位

高校野球甲子園優勝校=春/済美(愛媛)・夏/駒大苫小牧(南北海道)

往く人

青木富夫(俳優、80歳 1.24)、鏡里喜代治(力士、80歳 2.29)、いかりや長介(俳優、72歳 3.20)、ロナルド・レーガン(元米大統領、93歳 6.5)、レイ・チャールズ(ミュージシャン、73歳 6.10)、野沢尚(作家、44歳 6.28)

国内ニュース

国内

新潟県中越地方で震度7を観測する大地震(10月)

国内新潟県中越地方で震度7を観測する大地震(10月)

 10月23日午後5時56分、新潟県中越地方を震源とするマグニチュード(M)6.8の地震が発生。阪神大震災以来の震度7を同県川口町で観測し、小千谷市、山古志村、小国町でも震度6強の強い揺れを記録した。地盤が悪く、少なくとも3つの断層でひずみが解放されたため、震度5弱以上の強い余震が頻発。建物倒壊や土砂崩れ、ショックや疲労、エコノミークラス症候群などで死者40人、負傷者は約4500人に上った。家屋は2700棟以上が全壊、約1万棟が半壊。避難者は一時、10万人を超えた。上越新幹線が脱線、通信障害で震度7が1週間後に判明するなど、防災上の課題も残した。(写真は、脱線した上越新幹線「とき325号」最後部車両)

国内

イラク特措法に基づき陸上自衛隊がサマワで復興支援

国内イラク特措法に基づき陸上自衛隊がサマワで復興支援

 イラク復興支援特別措置法に基づき、陸上自衛隊の先遣隊が1月16日に出発。20日にイラク南部のサマワに着いた。日本の陸上部隊が戦後初めて戦闘状態が続く「戦地」への一歩を踏み出した。その後、航空自衛隊本隊、陸自本隊も相次いで出発した。サマワ駐留の陸自部隊は給水活動や公共施設の復旧・整備などに当たっているが、宿営地を狙った砲撃が計8回あり、安全対策にも追われた。現地の治安が悪化する中、日本政府は12月9日、自衛隊派遣の1年延長を閣議決定した。(写真は、家族に見送られイラクへ向け出発する隊員。愛知県小牧市の航空自衛隊小牧基地で)

国内台風10個が上陸し全国各地で大きな被害

 10月20日、大型の台風23号が高知県に上陸。この年の台風上陸は平年の約4倍の計10個となり、観測史上最多を記録した。23号は列島を縦断。死者・不明は兵庫県の26人を最高に19府県で計97人と台風では過去25年で最悪の被害を出した。負傷者約550人、家屋の全半壊8000棟余、床上浸水1万3000棟余、約34万世帯の約89万人に避難指示・勧告が出た。9月29日に三重県宮川村の土砂災害などを引き起こした21号でも死者・不明27人。死者・不明は10個で計200人を超えた。

国内

小泉首相が平壌訪問、拉致被害者家族5人帰国(5月)

国内小泉首相が平壌訪問、拉致被害者家族5人帰国(5月)

 小泉純一郎首相は5月22日、北朝鮮を再訪問、金正日総書記と首脳会談をした。拉致被害者5人の家族8人のうち、蓮池薫さんと地村保志さん両夫妻の子ども5人が首相とともに同日夜、帰国。曽我ひとみさんの家族3人はインドネシア経由で7月18日に帰国した。夫で米兵のジェンキンスさんが脱走罪などで禁固30日の刑に服し、12月7日から新潟県佐渡で家族4人の生活が実現した。(写真は、日朝首脳会談を前に握手する小泉首相と金正日総書記)

国内

近鉄・オリックス合併、初のスト、楽天参入、ダイエー身売りなど

国内近鉄・オリックス合併、初のスト、楽天参入、ダイエー身売りなど

 プロ野球界はオリックスと近鉄の合併に端を発した再編問題で揺れに揺れた。球団数削減、1リーグ制移行のシナリオに労組・日本プロ野球選手会が反発し、9月18、19日の計12試合で史上初のストライキを決行。この後、楽天の新規参入が認められ、翌シーズンもセ、パ各6球団の体制となった。12月にはダイエーを買収するソフトバンクの球界参入が正式決定した。(写真は、ストが決定し、今後の試合が中止になった旨を伝える電光掲示板。ヤフーBBスタジアムでオリックスとロッテの試合終了後に)

国内三菱自動車の欠陥隠ぺい問題でトップ13人逮捕

 三菱自動車(三菱ふそうトラック・バスに分社)製の大型車でタイヤ脱落が相次ぎ、2002年に横浜市で母子3人が死傷した事故で、神奈川県警は5月6日、道路運送車両法違反などの疑いで三菱ふそう前会長の宇佐美隆容疑者ら7人を逮捕。6月10日には、02年の別の死亡事故で、業務上過失致死の疑いで三菱自元社長の河添克彦容疑者や宇佐美容疑者ら6人を逮捕した。

国内小6女児が同級生にカッターナイフで首切られ死亡(6月)

 長崎県佐世保市の小学校で6月1日、6年生で毎日新聞佐世保支局長御手洗(みたらい)恭二さんの長女怜美(さとみ)さん=当時(12)=が同級生の女児(12)にカッターナイフで首を切られ、殺害された。女児は怜美さんの友人だったが、怜美さんが管理するインターネットの掲示板への書き込みをめぐるトラブルが原因で、犯行に及んだとみられた。

国内参院選は自民退潮、民主躍進(7月)

 第20回参院選は7月11日投開票され、自民党は目標としていた51議席を下回る49議席にとどまった。民主党は昨秋の衆院選に続き、自民党を抜いて比例第一党となり、当選数でも自民党を1議席超える50議席。ただ、与党としては、公明党が改選議席を1上回る11議席を獲得し、非改選の79議席と合わせて安定多数の139議席を確保。小泉首相は続投した。

国内福井県の美浜原発で蒸気漏れ事故、作業員5人死亡(8月)

 関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)で8月9日、配管が破裂。約140度の高温蒸気が噴き出し、作業員5人が死亡、6人が重軽傷を負う、わが国原発史上最悪の事故となった。破裂したのはすり減りやすい個所だったが、運転開始以来28年間、一度も検査していなかった。事故後の点検で未検査個所が次々に発覚。関電のずさんな安全管理体制が問題化した。

国内

ドラゴンズ、リーグ優勝。落合監督1年目の快挙(10月)

国内ドラゴンズ、リーグ優勝。落合監督1年目の快挙(10月)

 中日が10月1日、ナゴヤドームで5年ぶり6度目のリーグ優勝を果たした。本拠地での決定は1988年以来で、97年に開場したドームでは初。落合博満監督は中日では初めて就任1年目での優勝。投手力を含めた守りの野球が花開いた。6月下旬に札幌で巨人に3連勝し混戦を抜け出した。50年ぶりの日本一をかけた日本シリーズは西武と対戦、第7戦で敗れた。(写真は、リーグ優勝時にチャンピオンフラッグを先頭に場内を一周するドラゴンズナイン)

国内日歯連ヤミ献金疑惑で橋本元首相が1億円授受認める

 東京地検特捜部は2月2日、自民党最大のスポンサーとされる日本歯科医師会の政治団体「日本歯科医師連盟」を政治資金規正法違反容疑で家宅捜索。4月に診療報酬改定をめぐる汚職事件で元社会保険庁長官らを、7月に前衆院議員と愛知県議らを選挙違反で摘発。9月には自民党旧橋本派への1億円ヤミ献金に絡み、元官房長官村岡兼造被告を同法違反罪で在宅起訴した。

海外ニュース

海外インドネシアのスマトラ沖で大地震。津波による犠牲者は史上最悪(12月)

 インドネシアのスマトラ島沖で12月26日午前、マグニチュード9.0の極めて強い地震が発生、大規模な津波がインド洋沿岸のスリランカ、タイ、インド、ケニアなどに押し寄せた。ロイター通信などのまとめによると、地震・津波による沿岸各国の死者は7万人を超す記録的な大惨事となり、タイ・プーケット島周辺やスリランカを訪れていた邦人観光客の中にも多くの犠牲が出た。気象庁などによると、遠洋での大地震から津波発生を予測、警報する国際的なシステムがインド洋地域にはなく、津波防災の意識も低かったことなどが被害を大きくしたとみられた。

海外ブッシュ米大統領が再選(11月)

 米大統領選は11月2日に一般投票が行われ、現職のブッシュ大統領(共和党)が民主党候補のケリー上院議員を破り、再選された。1992年の大統領選挙では、父親のブッシュ元大統領がクリントン前大統領に再選を阻まれただけに、父親の雪辱を果たした形だ。今回の選挙では、ほぼ一貫してブッシュ大統領が世論調査でリード。投票直前にはケリー氏が互角まで追い上げたが、キリスト教右派に動員をかけたブッシュ陣営が激戦を制した。前回は、総得票数で民主党のゴア前副大統領に劣ったブッシュ大統領だが、今回は、選挙人数だけでなく、投票総数でもケリー氏を上回った。

海外イラクで武装グループによる拉致、襲撃相次ぐ

 イラクで日本人の拉致や殺害が相次いだ。4月7日にボランティア活動家の高遠菜穂子さんら3人が、同月14日にフリージャーナリストの安田純平さんら2人が拉致された。地元の宗教界を通じた説得が奏功し、15日と17日にそれぞれ解放された。5月27日にはフリー記者橋田信介さんら2人が銃撃され、イラク人通訳とともに死亡。10月26日にはイスラム過激派が香田証生さんを拉致し、自衛隊の撤退を要求したが、小泉純一郎首相は拒否。香田さんは同月30日、遺体で発見された。

海外アテネ五輪、日本の金メダルは東京五輪と並ぶ最多タイ(8月)

 第28回オリンピック競技大会が8月11日から19日間、108年ぶりに聖地・アテネで開かれ、日本は五輪参加史上最多の37個のメダル(金16、銀9、銅12)を獲得した。柔道のメダルラッシュで始まり、競泳男子の北島康介(日体大)が平泳ぎ二冠を達成したほか、体操男子団体、女子マラソンも制覇。新採用の女子レスリングでもメダルを量産した。金メダル獲得数は1964年の東京五輪と並び、総メダル数は過去最多だった84年のロサンゼルス五輪の32個を上回った。

海外ロシアで、チェチェン独立派が相次ぎテロ(9月)

 9月1日、ロシア北オセチア共和国ベスランの学校を武装集団が襲撃、始業式に来ていた児童や父母ら1300人を人質にした。約52時間後、ロシア特殊部隊が突入、銃撃戦となり、武装集団が仕掛けた爆弾も爆発。多くの子どもを含む人質300人以上が死亡した。ロシア治安当局はチェチェン独立派武装勢力の犯行と断定したが、実態は不明。

海外イラクに大量破壊兵器は存在せず、戦争開戦「大義」崩壊(10月)

 米ブッシュ政権が対イラク開戦の「大義」としてきたフセイン旧政権による大量破壊兵器問題を調べた米政府調査団は10月6日、議会に報告書を提出。開戦当時はイラク国内に大量破壊兵器は存在せず、開発する具体的計画もなかったとした。湾岸戦争が起きた1991年以降、大量破壊兵器を製造した証拠もないとし、イラク戦争の正当性に疑問を投げかけた。

海外パレスチナ自治政府議長のアラファト議長が死去(11月)

 イスラエル占領からの解放と悲願の独立国家樹立を目指したパレスチナ闘争を35年にわたり指導してきたヤセル・アラファト・パレスチナ解放機構(PLO)議長(自治政府議長)が11月11日、パリの病院で死去した。75歳だった。同議長の死でパレスチナ情勢の混迷が確実視される中、PLO議長にはアッバス前首相が就任。指導部は集団指導体制に移行した。

海外イチローが年間262安打で大リーグ記録更新(10月)

 マリナーズのイチロー外野手が大リーグ年間最多の262安打を放つ快挙を達成した。1920年にジョージ・シスラーが記録した257安打を追いかけたイチローは10月1日、全米が注目する中、地元シアトルでのレンジャーズ戦第1打席で左前打を放って記録に並び、第2打席に中前打で記録を更新。シーズン中に4安打を追加し、2度目の首位打者に輝いた。

海外スペインの首都マドリードの鉄道駅で同時爆破テロ(3月)

 スペインの首都マドリード中心部の3駅で3月11日、列車を狙った爆弾計10個が爆発し、約200人が死亡、1000人以上が負傷した。国際テロ組織アルカイダの関与が判明。米国に協力しイラク派兵を進めた国民党政権への批判が強まり、同月14日の総選挙で野党の社会労働党が勝ち、8年ぶりに政権が交代。新首相は4月18日、イラク早期撤退を発表した。

海外中国の江沢民氏が完全引退、胡錦濤氏が三権を掌握(9月)

 中国共産党は9月19日、江沢民・中央軍事委員会主席(78)の辞任を承認し、胡錦濤・総書記(62)が後任の軍事委主席に就任する人事を決定した。江氏の完全引退で、胡総書記が党と政府、軍の三権を掌握し、名実ともに中国の最高指導者になった。江氏は中国共産党の第16期中央委員会第4回全体会議(四中全会)に対し、辞任申請を提出して認められた。

海外イラク駐留米軍兵士が、拘束したイラク人を虐待(4月)

 イラク駐留米兵がバグダッド郊外の刑務所で、イラク戦争終結後の昨年11、12月、収容イラク人に全裸で人間ピラミッドを作らせたり、イスラム教で不浄の生き物とされる犬のまねをさせたりして虐待していたことが4月下旬、米メディアの報道で発覚、現地の反米感情の火に油を注いだ。その後、海軍特殊部隊の虐待情報も発覚、問題の根深さが明らかになった。

平成16年の作文を見る