年表

時代

年表

閉じる

国内・海外ニュース

こんな年

 鳩山民主政権が誕生した2009年。「事業仕分け」でこれまでの自民政治をバッサリ切り捨て、ダム計画見直しは地元自治体を揺るがした。海外でもオバマ米大統領が就任し、ノーベル平和賞を受賞。新しい時代の幕開けを印象づけた。国内では、司法制度を大転換する裁判員裁判がスタート。新型インフルエンザの大流行や企業業績の悪化など暗いニュースも多い中で、海の向こうでのイチロー、松井秀喜両選手の活躍は国民を勇気づけた。(2009.12.30中日新聞朝刊より)

その他の世相

 H&Mが日本上陸/東京駅発着のブルートレインが運行終了/激安ジーンズが話題に/イチロー日本最多安打記録更新/ヒット曲…EXILE「Someday」、いきものがかり「YELL」/ヒット映画…「ROOKIES -卒業-」、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」/ヒットドラマ…「天地人」、「相棒」、「JIN-仁-」/新語・流行語…「政権交代」、「事業仕分け」、「草食男子」

プロ野球優勝チーム(☆は日本一)=☆巨人(原辰徳)/日本ハム(梨田昌孝)

中日(落合博満)順位=2位

高校野球甲子園優勝校=春/清峰(長崎)・夏/中京大中京(愛知)

往く人

忌野清志郎(ミュージシャン、58歳 5.2)、マイケル・ジャクソン(ミュージシャン、50歳 6.25)、大原麗子(女優、62歳 8.3)、山城新伍(俳優、70歳 8.12)、五代目三遊亭圓楽(落語家76歳 10.29)

国内ニュース

国内

衆院選で民主党が圧勝、鳩山民主政権発足(9月)

国内衆院選で民主党が圧勝、鳩山民主政権発足(9月)

 8月30日の衆院選で、民主党が308議席を獲得し、自民党に圧勝。社民、国民新両党との鳩山連立政権が9月16日発足した。政権発足直後から群馬県の八ツ場(やんば)ダムの建設中止や温室効果ガスの25%削減など、次々と自民党政権時代の政策を転換させた。中でも、11月に行われた事業仕分けでは、税金の無駄遣いを追及し、税金の使い方に対する国民の関心を高めた。しかし、マニフェストで約束したガソリン税の暫定税率撤廃などが見送られた。米軍普天間飛行場の移設問題の決着も先送りし、日米関係は悪化。また、首相の政治資金問題で元秘書が在宅起訴されるなど、年末には政権運営に陰りも見えてきた。(写真は、連立政権樹立で正式合意し、握手する<左から>国民新党の亀井代表、民主党の鳩山代表、社民党の福島党首)

国内裁判員裁判がスタート(8月)

 刑事裁判への市民参加を定めた裁判員法が5月に施行され、8月から東京地裁を皮切りに全国で裁判員裁判がスタート。年内に138件の裁判員裁判が開かれ、142人の被告に判決が言い渡された。裁判員を経験した市民は836人に上った。判決は全員有罪で実刑は110人。執行猶予32人のうち20人に保護観察が付いた。被告が無罪を主張した3件を除き、量刑の重さが争点となった。

国内「足利事件」再審決定(6月)

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された「足利事件」で、無期懲役が確定し、服役中だった菅家利和さん(63)が6月4日、逮捕から17年半ぶりに釈放された。菅家さんを「犯人」とした最大の根拠はDNA型鑑定だったが、再鑑定の結果、女児の下着に残った体液の型と菅家さんの型が一致しないことが判明。東京高裁による再審開始決定前の異例の措置だった。

国内

河村たかし名古屋市長誕生(4月)

国内河村たかし名古屋市長誕生(4月)

 名古屋市長選が4月26日投開票され、「庶民革命」を掲げた元衆院議員、河村たかし氏(61)が過去最多となる51万余票の圧倒的支持を得て初当選を果たした。2日後には満員の市バスに乗って初登庁。型破りの言動が注目を集めた。政策面でも大胆な改革案を連発。議会と対立する局面が続いているが、二大公約の市民税減税と地域委員会は議会で可決され、翌年度から実現することになった。(写真は、当確を決め支持者らとともに万歳する河村たかしさん)

国内世界同時不況を受け、トヨタ自動車が赤字計上(3月)

 世界同時不況を受け、トヨタ自動車が3月期連結決算で4610億円の営業赤字を計上するなど、大手製造業を中心に赤字転落が相次いだ。各社はリストラを加速。エコカーなどの特需もあって業績にはやや持ち直しの兆しも出てきたが、11月には円が14年ぶりとなる1ドル=84円台にまで急騰。円高とデフレが、日本経済の回復を妨げるマイナス要因として浮上してきた。

国内民主党新旧代表の秘書、政治資金規正法違反罪で立件

 民主党の新旧代表の秘書が政治資金規正法違反罪で東京地検特捜部に相次いで立件された。西松建設から3500万円の偽装献金を受けたとして小沢一郎幹事長の公設秘書が3月に起訴され、初公判では無罪を主張。12月には鳩山由紀夫首相の元公設秘書が在宅起訴、元政策秘書が略式起訴された。この事件では、首相が母親から12億円超の資金提供を受けていたことも判明した。

国内改正臓器移植法が成立、提供条件が緩和(7月)

 改正臓器移植法が7月、成立した。(1)臓器移植を行う場合、脳死を「人の死」とする(2)本人の意思が不明な場合、家族の同意で提供できる(3)15歳未満でも、家族の同意があれば提供ができる-などが柱。臓器移植法は1997年に施行されたが、脳死からの臓器提供が増えないことなどから、提供条件を緩和した改正法が議員提案された。

国内日本航空の業績が大幅悪化し経営危機

 昨秋以降の金融危機などの影響で、日本航空の業績が大幅に悪化し、2009年9月中間連結決算で、純損益が1312億円の赤字を計上。政権交代後、前原誠司国土交通相直轄の事業再生チームが再建案をつくったが、債権放棄策に銀行団などが反発して白紙に。日航は官民出資の「企業再生支援機構」に支援を要請した。公的資金投入の条件となる退職者の企業年金の減額手続きも進めた。

国内ETC搭載車対象「高速休日1000円」割引開始(3月)

 景気対策の一環として、3月28日から導入された。自動料金収受システム(ETC)搭載車が対象で、土日と祝日は、地方はどこまで乗っても1000円。大都市部近郊区間と首都高速は別料金。お盆シーズンは平日でも適用された。ただ、車利用が増え、各地で大渋滞が発生し、二酸化炭素(CO2)の排出も増加。鉄道利用が減りJR各社は減収減益となり、経営が悪化するフェリー会社なども出た。

国内英国人女性殺害、市橋容疑者逮捕(11月)

 千葉県市川市で2007年3月、英国人女性=当時(22)=の遺体が見つかった事件で、死体遺棄の疑いで指名手配され、整形手術をして約2年7カ月間逃亡していた市橋達也容疑者(30)が11月10日、逮捕された。12月23日には殺人罪などで起訴。逮捕後は黙秘を続けたが、弁護団によると、同月22日になって供述を始め、「殺意はなかった。謝罪したい」などと主張。

国内酒井法子さん覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕(8月)

 警視庁は8月8日、自宅に覚せい剤を隠し持っていたとして、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で、元女優酒井法子さん(38)を逮捕した。同容疑で夫(41)が現行犯逮捕された同月三日から行方不明になっていたが、逮捕状が出たのを知り自ら出頭した。2人は使用罪でも起訴され、東京地裁は11月9日、酒井さんに懲役1年6月、執行猶予3年を言い渡した。

海外ニュース

海外民主党のオバマ大統領が就任(1月)

 米民主党のオバマ大統領が1月20日、就任した。就任演説で、深刻な景気低迷やイラク、アフガニスタンで戦争が続く米国は、「危機のただ中にある」と指摘し、「米国の再生」を宣言した。新政権は発足直後からイラク駐留米軍の撤退計画や国際協調外交など、脱ブッシュ前政権の諸政策を矢継ぎ早に打ち出した。大統領は4月にプラハでの演説で核廃絶を訴え、9月の国連安全保障理事会で「核兵器なき世界」に向けた決議案採択を主導、ノーベル平和賞を受賞した。しかし懸案の医療保険制度改革などには批判も強く、支持率に陰りも見えた。

海外新型インフルエンザ発生、感染が世界各国に広がる

 メキシコと米国で豚インフルエンザの人への大量感染が確認され、世界保健機関(WHO)は4月24日、新型インフルエンザの発生を認定。感染は世界各国に広がり、WHOは6月11日、世界的大流行(パンデミック)を宣言、警戒水準をフェーズ6に引き上げた。「致死率は季節性インフルエンザより低い」との専門家の見方がある一方で、流行は収まらず、12月には世界の確認死者数が1万人を突破、日本国内でも100人を超えた。

海外クライスラーとゼネラル・モーターズが経営破綻

 米自動車大手クライスラーとゼネラル・モーターズ(GM)が4月と6月に連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請、経営破綻(はたん)した。GMの負債は米製造業最大の16.4兆円。両社とも事業規模を縮小、財務体質を強化して復活を図るが、販売不振や経営の混乱が続いている。一方、中国は今年の国内新車生産・販売台数がともに年間で初めて世界最大になる見通しで、自動車市場の主役交代を印象づけた。

海外

マイケル・ジャクソンさんが死去(6月)

海外マイケル・ジャクソンさんが死去(6月)

 「キング・オブ・ポップ」と呼ばれたスーパースター、歌手マイケル・ジャクソンさん=当時(50)=が6月25日、米ロサンゼルス市内の自宅で心肺停止状態となり死去。司法解剖の結果、死因は強力な麻酔薬投与による急性中毒と判明し、専属医が過失致死容疑で家宅捜査を受けた。世界中でCDなどが爆発的に売れ、死の直前のリハーサル風景を記録した映画も大ヒットして話題を呼んだ。(写真は、ロサンゼルス市内のマイケル・ジャクソンさん自宅前に置かれたファンの追悼メッセージ)

海外中国新疆ウイグル自治区で暴動(7月)

 中国新疆ウイグル自治区の区都ウルムチで7月5日、デモをしていたウイグル族の若者らが、強制排除しようとした警官らと衝突、火を放つなどの暴動になった。漢族はウイグル族への抗議デモを行い、店舗などを襲撃してエスカレート。約200人が死亡、1700人以上が負傷し、約2000人が拘束された。漢族と、ウイグル族など少数民族間の不信感が背景にあった。

海外イチロー大リーグ史上初9年連続200安打(9月)

 米大リーグ、マリナーズのイチローが9月13日のレンジャーズ戦で、大リーグ史上初の9年連続200安打を達成した。イチローは昨年ウィリー・キーラーの8年連続に並んでいた。今年は張本勲が持つ日本選手の最多安打記録も日米通算で上回った。一方、ヤンキースの松井秀喜はフィリーズとのワールドシリーズ第6戦で1試合6打点を記録する大活躍などで優勝に貢献。日本人初のシリーズ最優秀選手に選ばれた。

海外米保険大手AIGが史上最大、約6兆円の損失

 米政府の管理下で経営再建中の米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が3月2日発表の2008年10~12月期決算で約6兆円の純損失を計上。米企業の四半期決算として史上最大額で金融不安再発の懸念が広がった。米政府と米連邦準備制度理事会(FRB)は前年の秋からこの年の春に16兆円余の公的枠を設けて支援。09年4~6月期と7~9月期決算は連続黒字に転じ、回復基調をみせた。

海外北朝鮮が長距離ミサイル発射(4月)

 北朝鮮は4月5日、「人工衛星」の打ち上げと称して長射程の弾道ミサイルを発射。破片落下はなかったが日本の東北上空を通過し、国連安全保障理事会は同月13日、発射を非難する議長声明を採択した。これに対し北朝鮮は6カ国協議離脱と核施設再稼働を宣言し、5月25日に2006年10月以来2度目となる地下核実験を実施。安保理は6月12日、北朝鮮への追加制裁決議を採択した。

海外ボルト世界陸上で9秒58の驚異的な世界新記録(8月)

 ジャマイカのウサイン・ボルト(23)が8月16日、ベルリンで開かれていた世界陸上の男子100メートル決勝で、9秒58の驚異的な世界新記録をマークして優勝。北京五輪で自身が記録した従来の記録を0秒11も塗り替えた。ボルトは同月20日、男子200メートル決勝でも、北京五輪で出した19秒30の記録を0秒11更新する19秒19の世界新記録で圧勝、同五輪に続く短距離2冠を獲得した。

海外2016年夏季五輪がリオデジャネイロに決定(10月)

 2016年夏季五輪の開催地を決める国際オリンピック委員会の投票が10月2日、コペンハーゲンであり、リオデジャネイロ(ブラジル)が選ばれた。南米での五輪開催は夏冬通じて初。1964年以来の開催を目指した東京は落選した。ブラジルは3度目の挑戦で悲願達成。東京は鳩山由紀夫首相が現地で環境重視の五輪構想を訴えたが支持は広がらず、シカゴ、マドリードとともに及ばなかった。

海外ワールド・ベースボール・クラシックで日本が連覇(3月)

 野球の国・地域別対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、原辰徳監督率いる日本代表(サムライジャパン)は3月23日(日本時間24日)、米ロサンゼルスのドジャースタジアムで韓国と決勝を戦い、延長の末5-3で破り、連覇を果たした。3-3の延長10回2死2、3塁からイチロー(マリナーズ)が2点適時打を放った。MVPには松坂大輔(レッドソックス)が選ばれた。

平成21年の作文を見る