年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年1月26日~3月20日

仕事に全力投球

平成元年は名古屋から稲沢に移転した時期で、やる気に満ちて将来に大きな夢を持っていました。当時23歳。友人も誰もいなくなった私は、長年働いた(7年)電機会社を退社し、某自動車部品メーカーに中途入社していました。昼夜2交代の過酷な環境の中で、無我夢中で仕事をこなしていた結果、入社2年目で班長昇格、7年の経験後、35歳で係長級に合格、脳梗塞になる47歳まで自分の体も顧みず、労働組合の職長、QC事務局などを経験しました。倒れる前までは身体を酷使していましたが、今では、神様が「お前は働き過ぎだ」と、きっと休養を与えてくださったのだと自分に言い聞かせました。右半身麻痺を克服するべく、会社復帰後も頑張っていましたが、何と52歳の時に突然、早期退職勧告があり、泣く泣く会社を退職させられ悔しい思いをしました。退職後は今までの蓄えを切り崩し、家のローンの返済地獄を味わってきました。今でもリハビリは欠かさず続けています。ある講演会で聞いた医師の話から勇気をいただき、現在も元気に暮らしています。これからも健康寿命を延ばすことができますように。

愛知県一宮市 梶田博さん 64歳 就職・転職心身の変化悲しみ

  • facebook
  • twitter
  • line

平成元年の国内・海外の主要ニュースを見る