年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年1月26日~3月20日

家事と育児に追われた日々

一番心に残るのは、自分の31歳の誕生日が始まった日であったことだ。前年の9月に二男二女の双子を生み、家事、育児と目が回るほど忙しい年だった。家族が一挙に6人になり、長女10才、長男7才、双子の2人が4か月の時だった。上の2人が安城の小学校に通い、学校行事には1人を寝かせてベビーカーに乗せ、1人をおぶって出掛けたことも懐かしい思い出です。流行曲やテレビなどは観る暇も無く過ごしました。二男がアレルギーのウイルスで高熱が出て5か月の時に入院したこと、実家の母に手伝ってもらったこと、長女が「死んじゃうの」と心配して泣いたことも覚えています。その後無事に回復して、日常の生活に戻り、「這えば立て、立てば歩めの親心」で毎日を過ごしました。2人並んだベビーカーを押して歩いていると、みんなが集まって来たことなど、今では一つ一つが懐かしい思い出。そんな2人が私と同じ年齢に。上の2人には孫ができ、時の流れを感じます。

愛知県名古屋市(熱田区) 楠桂子さん 61歳 家族・親族出産・育児

  • facebook
  • twitter
  • line

平成元年の国内・海外の主要ニュースを見る