年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年1月26日~3月20日

平成から始まった空の旅

海外旅行など夢の中の夢だったが、その一歩を踏み出したのは平成元年1月25日。パスポートを手にしたときの感動は今でも覚えている。初の訪問地は香港、マカオだった。戦後、女手一つで私を育ててくれた母にいつも「いつか一緒に海外へ行こうよ」と語りかけていた。母は病に伏せてもこの言葉をうれしそうに聞いてうなずいていた。その母はもういない。私一人のフライトになってしまったが、母の写真とともに旅立った。途中乗り継ぎで台北の空港に寄る。時間があるので空港内を見て歩くことになり、見るものすべて珍しく、どんどん歩いていってしまった。どれぐらい時間が経っていたのだろう。辺りが急に騒がしくなっている。トランシーバーを持った何人かの係員が叫んでいる。どうも「ミスターキリヤマ」と言っているようだ。私が返事をすると係員は駆け寄り、両手を挙げて喜びながら飛行機が出発してしまうと告げられた。走って機内に行くと、静まり返っていた乗客の視線が一斉に私に向けられた。小さくなって席に行くと、今度は拍手が起こった。とんでもないハプニングで始まった海外旅行。帰国したら日本では消費税導入で大騒ぎ、4月より税率3%が実施され、頭の中も懐も大混乱だった。すっかり海外旅行の魅力にとりつかれ、あの失敗談も忘れ翌年2月にはハワイへ。時を同じくして日本人初の宇宙飛行士が誕生といううれしいニュースも覚えている。こうして「大空」と「宇宙」が記憶に残る平成の幕開けであるが、その後今日に至るまで23か国を訪問することとなった。

岐阜県岐阜市 桐山桂さん 77歳 家族・親族趣味・レジャー別れ

  • facebook
  • twitter
  • line

平成元年の国内・海外の主要ニュースを見る