年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年1月26日~3月20日

平成元年、不惑の年

昭和24年の戦後生まれの私にとって、平成元年は40才を迎える年でした。天皇の崩御に続いて大喪の礼のテレビ中継があり、自粛ムードの1年の間に消費税が実施された。それが平成の始まりだったという印象が残っています。天平かにして地成り、地平かにして天成るという故事から「平成」という元号になったと解説があり、平成という名の村名に注目する報道もありました。とはいえ、私には終戦の日という分水嶺のような時世の思いが強く、いまだに今年は昭和何年に当たるのかと、ついつい換算してしまうのです。この年私は、映画「連合艦隊」の監督の松林宗恵氏と親しくする機会を得ました。映画の話のほかに、戦時中の青春時代を生きた精神や、現代日本への思いと生きる姿勢への示唆など、よどみなく語られる熱意に接しました。大切な思い出です。同じ国土に生まれながら、時代によって人柄というか人格というか、気風の違いがあるのは興味深いことです。当然、歴史観や社会観、教育観の違いが、その時代の生きざまを表すのでしょうが、戦後第二世代といわれる平成世代はどう表されるのでしょうか。平成元年に不惑を迎えた私としては、古希になる今になって、終戦後70年余りを尊く思い、「平成」元号は、「太平の世を開かんと欲す」という昭和の叫びから導き出されたものではなかったかと顧みているところです。

愛知県名古屋市(天白区) 前田和丸さん 68歳 流行・世相

  • facebook
  • twitter
  • line

平成元年の国内・海外の主要ニュースを見る