年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年1月26日~3月20日

身近に感じる3つの出来事

平成元年。私がこの世に生を受けた年だ。小中学校の入学時には決まって「平成生まれが入学してきた」と言われた。しかし、私には昭和と平成の違いが分からない。元号でこそ平成だが、西暦では1989年と、記憶に全くない1980年代にくくられてしまうからだ。この世に誕生した年について、母が口癖のように言っていたことを述べたい。1つ目に、歌手の美空ひばりさんが亡くなったことだ。同い年の祖母が自分のことのようにショックを受けていたようだ。残された映像でしか見たことはないが、子役から国民的歌手に登りつめたことが印象的である。2つ目に、ベルリンの壁の崩壊である。乳飲み子の私をあやしていた母は、テレビの映像で見てがくぜんとしたそうだ。私は映像を見て、壁の上にたくさんの人が立っている様子が心に残っている。3つ目は、新しい元号「平成」を故小渕恵三官房長官が記者会見で発表している場面である。これは私が映像を見て、毛筆の美しさに心を奪われた。以上、見聞きした記憶のみだが、3点も身近に感じられる出来事があった。現在の楽しみは新しい元号の発表である。しかし、平成はまだ1年ある。悔いのないようにしたい。

愛知県江南市 石田成美さん 28歳 流行・世相

  • facebook
  • twitter
  • line

平成元年の国内・海外の主要ニュースを見る