年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年1月26日~3月20日

単身赴任、ふたつの気持ち

東京への単身赴任が決まり、これはなかなか大変という気持ちと、楽しみな気持ちの2つがありました。家族を置いていくのはやはり心配でした。結婚し、親子がバラバラで住むのはいいのかなと感じながらも、単身赴任を決意。最初のうちは、毎週末に帰っていましたが、やがて2週間に一度、月に一度と減っていきました。そして1年少し経った後に単身赴任終了の時期が迫ってきたら、家族から「もう帰ってくるの?」と言われてしまいました。単身赴任する頃は「できたら行かないで」だったのが、1年経過し、家族が父親のいない生活に慣れてくると、いざ帰ってきたときに違和感があるということ。単身赴任は短期間なら良いけれど、長期なら断った方がいいかなと思いました。

三重県東員町 浅井清治さん 61歳 楽しみ家族・親族会社・仕事新生活・引越悲しみ

  • facebook
  • twitter
  • line

平成元年の国内・海外の主要ニュースを見る