年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年1月26日~3月20日

春日村の縁

平成元年6月25日は、我が加藤家にとって忘れられない一日となった。加藤家というよりも、自分自身初めての引っ越しを経験することになろうとは、全く予想していなかった。私は、その当時の「愛知県西春日井郡春日(はるひ)村」に生まれ育ち30年、そこを離れることは頭の中に無かった。両親とは同居しており、昭和62年に結婚、翌年には長男が誕生し、その1年後の引っ越しという出来事であった。まさに平成元年は、住環境の大変化の年であり、長年住み慣れた春日村を去り、愛知県一宮市へ移ったのである。我が5人家族は無事引っ越しを終えたが、その当時の苦労や様子が思い出される。新しい元号がスタートするのと一緒に、我が家の新しい住居での生活がスタートした。平成元年は、西春日井郡春日村が村制としては最後の年となり、翌平成2年4月1日から町制へ移行している。当時「春日村」は、西春日井郡で唯一の村であり、私もある意味「村」を誇りに思っていた。なお、現在私たち家族は、愛知県清須市に住んでいる。あの「春日村」は、平成元年を最後に「春日町」へ、その後「清須市」へ編入合併となった。これも何かの運命か、巡り合わせなのか。

愛知県清須市 加藤宏さん 58歳 喜び家族・親族新生活・引越

  • facebook
  • twitter
  • line

平成元年の国内・海外の主要ニュースを見る