年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年1月26日~3月20日

新しい家族の始まり

平成元年3月吉日、空は澄み快晴。田舎の神社で結婚式があった。新郎47歳、新婦36歳、共に2人の子持ち。参加者は新郎の父親(母親は披露宴のある自宅で待機)、新婦のご両親とそれぞれの兄弟姉妹という内々の挙式であった。それぞの2人の子どもたちは、主役の仲人役で、新郎側は高校2年の女の子と高校1年の男の子、新婦側は中学1年の女の子と小学5年の女の子で、緊張した面持ちで出席していた。新居は、会社の社宅を出て、名古屋市内のマンションの一室と決めた。この4月から消費税3%の導入に先立って、直前の駆け込み購入だった。条件を決めて名古屋市内を中心に探したが、求めるものは品薄の状態。やっと程度の良い中古マンションが見つかり、気に入ったため購入した。新居マンションは子どもたちに多少のしわ寄せがあったが、10階建ての7階で見晴らしは最高。加えて地下鉄駅が近く、女の子の防犯には役立っていた。新居は再出発を目指す生活の拠点であり、子どもたちの生活と学業及び青春の拠点となった。

愛知県田原市 村上文男さん 77歳 家族・親族新生活・引越

  • facebook
  • twitter
  • line

平成元年の国内・海外の主要ニュースを見る