年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年1月26日~3月20日

29年前の自分へメッセージ

時代が昭和から平成に変わる時のことをよく覚えている。私は中学2年生で、部活ばかりの生活をしていた頃。部活の休みは年間通して1日も無かったため、友達と遊ぶことは全く無かった。そんな時、昭和天皇の御逝去により思わぬ部活の休暇ができたのだ。しかし、休暇といえどももちろん遊ぶことはできず、またいつもの部活三昧の生活に戻った。世の中は「とりあえず大学に行け」という風潮で、将来のことなど考えること無く、大学進学のために高校は普通科を考えていた。政治や世の中の情勢は全く興味が無く、本当に今のことしか考えていなかったし、学校教育も学力重視で、未来を見据えた教育では無かったと思う。 今、息子がその当時の私と同じ年齢になった。しかし私と違い、息子は政治や世の中の情勢に興味を持ち、自分の中に積極的に取り込もうとしている。将来のことを考え、そのために今何をしなければいけないのかを理解している。それは学校教育のあり方の違いも大きく関係していると思う。私の頃の授業には無かった、職業体験や高校調べ、職業調べなどの将来に向けた学習は、今の息子に何かしらの刺激になっていると思う。平成元年頃の私が、今の時代にタイムスリップできたら、将来を見据えた現代の教育をしっかりと受けてみたい。

石川県津幡町 大高弥香さん 42歳 友人・仲間家族・親族学校・学び

  • facebook
  • twitter
  • line

平成元年の国内・海外の主要ニュースを見る