年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年1月26日~3月20日

子どもたちが中心の毎日

平成2年に次男が小学校に入学し、3人の子どもが1年と4年、5年生として在学しました。運動会ではほとんどの種目に誰かが出場し、うれしかったです。毎日の生活は子どもたちを中心に大変楽しいものでしたが、彼らに振り回されて大変でした。小生は会社での仕事が多忙で、1か月に休日が1日も無いこともあり、毎日12時を越えてから帰宅することが多かったです。時はバブル景気で、多くの方がそのような仕事ぶりでした。働き方改革が叫ばれる現在では考えられない状態でした。そのような中でもなんとか子どもたちを無事に育てることができたのは、勤務する会社が自宅から5分の距離にあったことと、母親のおかげだと思っています。現在、96歳になった母親は、寝たきりになり施設で暮らしています。3人の子どもたちは無事に成人し、子どもも生まれ、帰省の度に祖母を訪問していますが、孫たちのことをあまり認識できない様子です。それでも孫たちは、帰省のたびに訪問します。時空を超えた絆があるように思っています。

滋賀県長浜市 阿閉正美さん 70歳 喜び家族・親族学校・学び入学・進学

  • facebook
  • twitter
  • line

平成2年の国内・海外の主要ニュースを見る