年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年1月26日~3月20日

父の死

父は入退院を繰り返した後、平成2年9月21日に亡くなりました。亡くなる3、4日前に医師から、「身内の方を呼んでください」と伝えられていましたので病院へ向かい、付きっきりだった母を風呂へ行かせました。母の退室後に容態が変わったのですが、父は母が戻るまで持ちこたえてくれました。母のことを待っていてくれたんですね。夫婦の絆って素晴らしいです。父は昭和天皇を、とても愛し尊敬していましたので、亡くなられた時はショックも大きかったようです。父と最後に交わした言葉が、「おもちゃ買ってやらなんだなあ」でした。何か買ってもらったことや、家族旅行に行ったことも無く、良い思い出はありませんでしたが、最後の言葉を聞いたときは、父の娘で良かったと思いました。今では、最後だけでも父孝行できたかなと感じています。

愛知県名古屋市(守山区) 太田淑子さん 69歳 家族・親族別れ悲しみ

  • facebook
  • twitter
  • line

平成2年の国内・海外の主要ニュースを見る