年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年1月26日~3月20日

希望膨らんだ平成2年

平成2年は、私が32歳の厄年。そして6月に次男誕生、11月に私の両親と一緒に住む家の新築完成の年でした。時はバブルの全盛期、郵便局へ行っても金利8%と看板が掲げられていました。極端な話。50万円預けて10年経つと90万円になるという夢のような金利でした。そんな金利の中、私と夫の預金と両親の預金を合わせて夢のマイホーム建設へと踏み切りました。金利の良い中、預金を下ろしてマイホームの資金に充てるのはとてももったいない気がしていましたが、ローンを返済するよりは良いのではという思いで、泣く泣く預金を解約したことを覚えています。またその時は、二世帯という言葉が流行していたと思います。その流れで「私の家も二世帯です」という説明をよくしていました。玄関1つ、台所1つ、風呂1つ。というただ三世代が同居しているものでした。平成2年は出産、育児、マイホーム建設ととても慌ただしく過ぎていきました。その後1年の育休を経て保育現場へ復帰しました。園長先生から「私たちの時代は育休もなかった」と嫌味を言われる時代でした。とにかく平成2年。新しい元号になり2年目。希望を持って暮らしていました。

三重県朝日町 川添知左子さん 59歳 喜び出産・育児新生活・引越

  • facebook
  • twitter
  • line

平成2年の国内・海外の主要ニュースを見る