年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年3月15日~4月30日

お預けになった私の海外旅行

平成3年2月、大学4年生だった私は卒業論文をなんとか仕上げて、友人たちと4人で卒業旅行に行くことになっていた。「やっぱり海外がいいよね」とみんなでウキウキしていた。ロシアへ行きたい友人がいれば、はたまた東南アジア方面でのんびりという友人も。私自身、海外デビューだと意気込んでいた。ところが1月17日に勃発した湾岸戦争の影響で、目的地を国内に変更することに。結局、九州一周旅行に出かけた。九州に入って気が付いたのは、電車に乗ると大学生の旅行グループによく遭遇したことだ。同じ大学で顔見知りのグループにも遭った。やはり、私たちと同じ「海外あきらめ組」なのだろうか。数日旅を続けた2月24日、熊本駅前を通りかかると騒然としていた。号外を配っていたのでもらってみると、新聞に大きく「地上戦 ついに突入」とあり、ただごとではない雰囲気を感じた覚えがある。とはいうものの、「国内にしておいてよかったね」ぐらいの気持ちで、何もなかったように旅は続いた。今考えると、結構重大な事態だったと思うが、まだ若かった私はことの重大さを分かっていなかった。その後就職して、海外旅行にも出かける機会があった。その頃は比較的、治安は良くなっていた。しかしここ数年、テロや内戦などで海外旅行に出かけにくい情勢になっていると感じる。熊本でもらった号外は、まだ手元にとってある。楽しい旅の思い出とともに、1つの出来事の記憶として、世界平和への思いとともに、忘れないようこれからも保管しておくつもりだ。

三重県川越町 脇真理子さん 50歳 楽しみ友人・仲間流行・世相趣味・レジャー

  • facebook
  • twitter
  • line

平成3年の国内・海外の主要ニュースを見る