年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年3月15日~4月30日

ハロウィーンと痛ましい事件

ハロウィーンは日本にも定着し、近ごろ東京ではコスチュームを着た若者の集まりもあり警官が動員されることもあるほどです。30年ほど前、子どもの英語教室に参加しており、ハロウィーンになると魔女の衣装を作ったり、会場に飾り付けをしてゲームや劇を発表したりしていました。そんな時に服部君の悲劇が起こり、とても驚きました。私は高校の講師をしており、10月30日は必ずハロウィーンを話題にします。ハロウィーンの起源や、「トリックオアトリート」の意味など楽しい話をした後で、生徒に服部君のことを話します。黒板に簡単な図を描いて「家を間違えた」と説明します。「フリーズド」という単語も話します。今では意味が分かる生徒もいますが、当時の日本人にはあまりなじみが無かったのではないかと思います。銃が使われた事件もいくつか取り上げ、服部君の御両親がどんな活動を続けているかも話題にします。いつも生徒全員が真剣な表情で聞いています。授業にはそれほど熱心でない生徒も耳を傾けてくれます。英語を教えていますが、大切なことは異文化を理解し、自分とは異なるものを単に排除するのではなく、自分の中に受け入れずともそういうものが存在するということを認め合うことだとつくづく思います。そうするためには世界の動きを知り、あらゆるものを勉強していくことではないでしょうか。

静岡県掛川市 三枝佳子さん 65歳 流行・世相会社・仕事悲しみ

  • facebook
  • twitter
  • line

平成4年の国内・海外の主要ニュースを見る