年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年4月15日~5月31日

悲しく寂しい年

平成5年6月に義父が80歳で亡くなりました。私は病気で前年の暮れから入院していましたので、葬儀にだけ出席しました。私は25年にわたり地方銀行に勤務。友にも恵まれ楽しい銀行員生活を送っていましたが、突然病に侵されて入院生活が始まりました。上司は「少し楽な部署に変わらないか」と言ってくださいましたが、主治医からは「この病気は治ってもまた再発をするかもしれない」と言われていました。そのことを聞いた主人から、「長い間ご苦労さん、この機会に会社を辞めたら」と言われ、7月に銀行を退職しました。悔いは無いとは言えませんでしたが、今は元気に夫婦水入らずの生活をしています。再発することも無く、今を精一杯楽しんで生きていけるのは、あの時に仕事を辞めていたからだと思っています。平成5年という年は、私にとって忘れることのできない年です。

岐阜県安八町 中名礼子さん 77歳 家族・親族会社・仕事別れ悲しみ

  • facebook
  • twitter
  • line

平成5年の国内・海外の主要ニュースを見る