年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年4月15日~5月31日

チャレンジ多き大学生活

この年に大学に入学。専門分野の知識と技術を習得して社会で役に立ちたいと意気込み、学業に励むつもりでした。ところが、入学していくつもの講義に出て話を聞くものの、難しいことばかり。高校で学んだことさえも、既に忘れており一からやり直し。初めのうちは必死に着いていきましたが次第に限界を迎え、息抜きにその頃出会った仲間たちと一緒に、はやりだしたカラオケに行くようになりました。歌うのは決まって、Mr.Childrenの曲でした。今でも大好きなアーティストです。サークルには参加しませんでしたが、仲間たちと遠方に出かけるようになりました。その時初めてスキーを体験したのですが、ボーゲンがやっとできる初心者なのに間違って上級者コースに行ってしまい、半べそをかきながら、必死に下まで降りたことが今でも忘れられません。この時は二度と行かないと思いましたが、みんなで行く旅行が楽しく、少しずつ上達していくうちにさらに楽しくなり、いつもレンタルだったスキー道具も、バイトで貯めたお金で一式そろえました。今と比べると、この頃にはやったウェアのデザインは、色彩が派手で恥ずかしく、今では着る気になれない物でした。バイトでは、なかなかまとまったお金が貯まらないので、格安のツアーを探しては、深夜出発でよく行ったものでした。この時の仲間たちとの連絡手段は、携帯ではなくポケベルでした。勉学に対する意気込みは次第に無くなり、楽しいキャンパスライフにはまってしまいました。現在は、大学で学んだ専門知識を生かした仕事をやっていますが、あの頃もっと勉強していればと、ちょっと後悔しています。けれども、この時はすることがすべて新鮮で、何にでもチャレンジしてみたくなるときでした。

三重県東員町 田中昌紀さん 44歳 喜び友人・仲間学校・学び入学・進学新生活・引越

  • facebook
  • twitter
  • line

平成5年の国内・海外の主要ニュースを見る