年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年4月15日~5月31日

初孫と過ごした日々

1月に父が白内障で浜松の病院へ入退院。そして1月21日に私たち夫婦の初孫が生まれました。朝早くに娘婿より「生まれました」の連絡を受けて、夫と2人で近くの産科へ飛んで行き孫と対面したことを、昨日のように思い出します。退院後1ヵ月ぐらいをわが家で過ごしました。当時私たちはまだ50代。私は産湯に入れたりと忙しいながらも、うれしい日々でした。5月の端午の節句のお祝いにこいのぼりを届けたら、当時アパートの2階に住んでいた娘から電話があり、「鯉のぼりが風で屋根に引っかかった」とのこと。夫と2人、はしごを軽トラックに積んで取りに行ったことなど懐かしい思い出ですが、夫も5年前に旅立って寂しく思います。この孫も大学を卒業して社会人3年目。今は自立して一人暮らしで頑張っています。時々顔を見せてくれるのが楽しみで、この子が結婚するのを見届けるまで、元気に生きていたいです。

愛知県豊橋市 長神光子さん 76歳 喜び家族・親族出産・育児

  • facebook
  • twitter
  • line

平成6年の国内・海外の主要ニュースを見る