年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年4月15日~5月31日

嵐の前の静けさ

娘が生まれて1年が経った。1ヵ月ほど早く小さく生まれた娘は成長ものんびり。月単位で「寝返りを打った」「ハイハイを始めた」「立ち上がった」「歩いた」などができるようになるこの時期、やきもきする気持ちと、「このペースでいい」という気持ちで葛藤する毎日だった。世間では前年から連立政権が短命で変わる事態が続き、行き先の見えない不安を少し感じていた。隣国の北朝鮮では金日成主席が死去し、金正日総書記へと政権が移り、拉致問題が大々的にマスコミに取り上げられるようになった。この時期、「分裂した朝鮮半島の社会主義の国」という温かいイメージから、「暗い闇を秘めた怖い国」へと認識が変わった。政治が安定していなかったので、選挙の時にいろいろな団体が名乗りを挙げ、テレビなどでパフォーマンスを行っているのを目にした。かわいい着ぐるみを着て歌いながら踊る姿を見て、まさか彼らが歴史に残る凶悪な事件を起こす犯罪者集団だったとは思いもしなかった。のんびり屋の娘が1歳半になってようやく歩き始め、この年の年末は次に娘がどんな成長を見せてくれるのかという希望に満ちていたため、年が明けてすぐの大震災や、オウムによる凶悪な事件など、怖くて悲しい年になるとは思いもしなかった。今思えば「嵐の前の静けさ」のような年だったのかもしれない。

静岡県浜松市(中区) 鈴木由起子さん 50歳 喜び家族・親族悲しみ

  • facebook
  • twitter
  • line

平成6年の国内・海外の主要ニュースを見る