年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年4月15日~5月31日

親孝行

平成6年に父が亡くなりました。がんでした。かかりつけの病院で検査をすると総合病院での精密検査を薦められ、そのまま入院、そして手術。医師から聞かされる余命もどんどん短縮され、結局、本人には告知せずに、入院から1ヵ月程度で亡くなりました。途中、何回か付き添う中で、いろいろ話すことができました。自分が就職して3年目の年で、父が定年を迎える年。本人も人生の一区切りだと考えていたようで、定年後の生活などを気にしていました。もちろん、病気のことも気にしていましたが、告知できない状況を察し、息子に気を遣ってか多くを聞いてきませんでした。お互いが心の中で死を意識しながら会話する中で、自分も感情が高まり泣きそうになりましたが、そこはグッとこらえました。この時いろいろ話せたことや、死に対する感情を乗り越えたためか、実際に亡くなった時には意外とすっきりとした気分で涙も出ませんでした。大した親孝行ができないまま亡くなってしまいましたが、最期にいろいろ話せたのは親孝行になったのではと思っています。特に自分も親となった今、子どもとの会話の重要性を感じており、もっと父と話しておけば良かったと反省しています。それに気づかせてくれたのはきっと父からのプレゼントだと思い、子育てに励む日々です。

愛知県豊橋市 生駒雄二さん 49歳 家族・親族別れ悲しみ

  • facebook
  • twitter
  • line

平成6年の国内・海外の主要ニュースを見る