年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年4月15日~5月31日

激動の4月26日

平成6年、私は高校2年生でした。愛知県で開催された第49回国民体育大会、イチロー選手(当時オリックス)のシーズン200本安打達成、ナゴヤ球場で行われた10.8決戦が思い出され、愛知県が盛り上がった1年だったと思います。その1年の中で激動の1日があります。それは4月26日ではないでしょうか。4月8日に細川護煕首相が辞任を表明。次期首相が羽田孜氏に決まりました。スポーツでは、プロ野球のイースタンリーグのデーゲーム、ヤクルト対西武戦で珍試合が発生。ヤクルトの山部投手と西武の竹下投手の好投により、「両チーム無安打試合」となりました。またセントラルリーグでは中日の野中投手が、3年のサラリーマン生活と台湾プロ野球チームを経て、この年の2月のテストを受け入団を果たしました。この日の横浜戦で野中投手はリリーフ登板。約9年ぶりとなる日本プロ野球のマウンドで復帰登板を果たしたのです。ちなみに野中投手は、8月にプロ初セーブを挙げ、10.8決戦にも登板しています。そして、午後8時頃に一つのニュースが飛び込んできました。それは「名古屋空港に中華航空機が墜落」でした。死者264名、生存者7名の大事故が発生したのです。このように4月26日は非常に激しく動いた1日だったと思います。なお、この日に就任した羽田孜首相は首相在任期間64日。史上2番目の短命でした。

愛知県常滑市 後藤章峰さん 40歳 流行・世相

  • facebook
  • twitter
  • line

平成6年の国内・海外の主要ニュースを見る