年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年4月15日~5月31日

若き日を映し出す曲

“地元の大学へ”と思っていたが県外の大学に通うことになり、一人暮らしをすることになった。親は何かと心配していたが、私は新しい生活に胸を踊らせていた。講義、自炊、アルバイトなど、何もかも初めて尽くしの毎日がとても楽しく、ホームシックになったことは一度も無かった。友達と集まって夜更かしする楽しみも覚え、その時にある曲に出会った。Mr.Childrenの「イノセントワールド」だ。友達の部屋で流れ続けるその曲を聞きながら、私たちの話は尽きることが無かった。音楽情報に疎かった私は、そのアーティストも曲名も知らなかったが、清々しいメロディーと歌声にあっという間に魅了された。数日後、そのCDを買って、自分の部屋でも繰り返し聴いた。眠気に耐えられなかった講義、海辺での花火、学食のカレーライス、サークル活動。その曲を耳にすると、きらきらした若き日の思い出が映し出され、今でもウキウキした気持ちになる。

石川県津幡町 大高弥香さん 43歳 友人・仲間学校・学び入学・進学新生活・引越悲しみ

  • facebook
  • twitter
  • line

平成6年の国内・海外の主要ニュースを見る