年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年5月15日~6月30日

命のつながり

第3子に待望の女の子が生まれた。この頃はまだ体育の日が10月10日で、次男の幼稚園の運動会があったが、9日に生まれたので見に行くことはできなかった。というより、運動会中に生まれなくて良かった。2人のお兄ちゃんたちは、妹が泣いていると、トントンしたりクーハンを揺らしたりと、優しくお手伝いしてくれた。前年、実家の父を亡くしており、女の子が生まれて欲しいという願いを天国の父が叶えてくれたのか、父の命がつながって生まれ変わったかのように思えた。父は孫が生まれると、一番年下の子を最も気にかけてくれていたので、父に生まれた娘を会わせてあげられなかったのは非常に残念だった。一番年下の孫なので、きっといつまでも一番可愛がってもらえていただろう。そしてこの年は、阪神大震災や地下鉄サリン事件で多くの命が失われた。命の重みをひしひしと感じるなかで授かった娘を、息子たちと共に、しっかりと育てていかなければと強く思った。

三重県鈴鹿市 尾崎真実子さん 57歳 喜び家族・親族出産・育児

  • facebook
  • twitter
  • line

平成7年の国内・海外の主要ニュースを見る