年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年5月15日~6月30日

平成7年、民俗文化財に

昭和から平成にかけて約8カ月間、入院生活を余儀無くされました。このままでは、家業である酒造業が無くなってしまうかもしれない。せめてその前にと思い立ちました。民俗学者のご夫妻の指導のもと、江戸時代からの酒造用具類等を洗浄、実測写真撮影、用紙に記入するなど、約2年かけて整理しました。7000点以上でした。実際にこれらの道具を使用していたのですが、分からないことばかりでした。専門書で調べるほか、酒造りに来てくれていた人が3人ばかり生存していたので、当時を思い出してどのように使用し、呼称していたのか聞きました。平成4年に町指定の文化財、平成7年に岐阜県重要有形民俗文化財として、母屋、酒造2棟の計3棟と、酒造用具類3143点、文書類459点が「富加の酒造用具及び酒造場附文書」となりました。もうすぐ平成は終わってしまいますが、新しい元号になったなら必ずや国指定になると信じて積極的に進んでいきたい。約300年前の酒蔵で江戸時代の用具類を使っていて、いにしえの用法で日本酒を造り、酒造資料館として一般開放しています。平成7年から時は止まったままですが、今度こそ病気もせずに健康で新元号を迎えて、輝く時代になればと思います。自分にとっても、全ての人たちにとってもです。

岐阜県富加町 酒向嘉彦さん 75歳 喜び会社・仕事

  • facebook
  • twitter
  • line

平成7年の国内・海外の主要ニュースを見る