年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年5月15日~6月30日

失敗もアクシデントも話の種

大学の卒業研究を終え、社会へ羽ばたいていく前の学生最後のイベントが卒業旅行。「卒業旅行」という言葉はこの頃にはありましたね。友人たちと話し合いで決めた卒業旅行の場所はパリ・ロンドン。初めて行く場所でいろいろと失敗をしました。パリでは1週間使用できる地下鉄のきっぷを買おうとしたら、1ヵ月のものだったり。その時は言葉も通じず焦りましが、偶然パリ在住の日本人が通りがかり助けてもらいました。言葉の面では、料理店で四苦八苦。メニュー表を見てもさっぱり分からず、何を注文していいやらという状態でした。初日、2日目とコース料理を注文し、その後は節約しようと話したのも覚えています。パリ・ロンドンとも、ファストフードで過ごした日がありました。パリの空港へ向かうタクシーが途中道を間違えて、大幅に時間がかかったこともありました。早めにホテルを出発していて難を逃れましたが、タクシーの運転手は平謝りでした。それでも友人たちといろいろな観光地を巡れたのは楽しかったです。パリではエッフェル塔やルーブル美術館、ロンドンではビッグベンへ行き、ロンドンバス、ロンドンタクシーにも乗りました。写真ももちろん撮りました。デジカメやスマホも無い時代ですから、フィルムカメラや使い捨てカメラを持っていって撮りましたね。現像するまで見れないので、帰国後にみんなで見ました。数々の失敗やアクシデントがありましたが、今ではみんな笑い話になってます。少しですが日記も書いていましたので、大掃除で見つけるたびに読み返して「あんな事があったな」と当時を思い返します。これからも友人たちと会った時は、近況はもちろん卒業旅行の話もしたいと思います。

愛知県大口町 宮川直樹さん 46歳 楽しみ喜び友人・仲間趣味・レジャー

  • facebook
  • twitter
  • line

平成7年の国内・海外の主要ニュースを見る