年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年5月15日~6月30日

人生で一番慌てて買ったもの

無事に4年間の海外赴任を終えて、三重県四日市市にある本社に3月20日に戻りました。テレビではサリン事件のニュースが1日中流れていたのを覚えています。でも私はそれどころではありませんでした。家族には海外生活で迷惑をかけましたので、この機会に思い切って終の住居を買うつもりでした。もう子どもは長女が中学2年、長男が小学5年生になるので、1部屋ずつ必要と考え、4LDKのマンションを思い浮かべていました。この次の海外赴任は1人で行けば良いし、土地付きの住宅よりもJRの駅、近鉄の駅の近く、公的な機関や学校に近い所と思い探しました。ちょうどバブルも落ち着き、思っていたほど高くはなくホッとしました。早く住所を決めないと子どもたちの学校が決まりません。市役所で住民登録をしないと全ての手続きが前に進められません。事前にある程度理解はしていましたが、一生で一番の高い買い物を3~4日で決めてしまいました。本当に日本に戻ってきたという実感を、家族ともども味わった瞬間です。子どもたちはそれぞれの家庭を持ち離れましたが、慌てて買ったものでも後悔はなく、住みやすい住居だと思っています。

三重県四日市市 山本文雄さん 61歳 喜び家族・親族新生活・引越

  • facebook
  • twitter
  • line

平成7年の国内・海外の主要ニュースを見る