年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年7月15日~8月30日

スノーボードブームに乗っかって

スノーボードブームがやってきました。若い人たちは、スキーよりもボードでした。ウエアや帽子、グローブ等ファッショナブルになりましたね。自分はスキーをやっていましたが、学生時代の友人2人が前年からボードをやり始めていたので、シーズン最後にスキー場に行き他の友人たちと一緒に教えてもらいましたが、さっぱりでした。そして今シーズンまた、学生時代の友人たちと行く前に滑れるようにしようと一念発起しました。前年までは会社の上司に連れて行ってもらいましたが、今年からは自分で運転して行くことにし、スタッドレスタイヤとキャリアを購入して、会社の後輩を連れてスキー場に。当時奥美濃ではスノーボードを滑る人たちはボーダーパスを別で申し込まないと滑れませんでした。おそらく各スキー場とも、スノーボードに試行錯誤だったと思います。そのため、滑れないスキー場や一部でしか滑れないスキー場がありましたからね。後輩を連れて行きましたが、みんな初心者で、まず低い所で練習。せいぜい一番下の第一リフトのみでしたね。それでもみんな面白いと言ってくれたので、毎週のように行きました。奥美濃は早朝からオープンしており、早い所で朝4時から滑りました。朝5時からリフト待ちで並んだ時は唖然でしたよ。それほどまでのブームでしたね。毎週行った甲斐があり、恒例の学生時代の友人たちとのスキー旅行では、昨年からの上達を見せて「うまくなったね」と言われうれしかったですね。その後は木曽・白馬・志賀高原と行く場所も広がりました。雑誌「POP SNOW」があり、毎年発売されるのを楽しみにし、購入してみんなで読んでましたね。冬に出不精にはならず毎年良い運動になりました。3年位前からスキー場は遠ざかっていますが、今はシニア用のチケットもありますので、いつかまた滑りに行けれたらと思います。

愛知県大口町 宮川直樹さん 46歳 楽しみ友人・仲間趣味・レジャー

  • facebook
  • twitter
  • line

平成11年の国内・海外の主要ニュースを見る