年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年7月15日~8月30日

父親と最後のふるさと旅行

父親の父(祖父)と兄(叔父)が、8月10日に亡くなった。高齢な上に糖尿病やさまざまな病気を抱えた父親を、告別式のため北海道まで1人で旅をさせるのは、とても心配だった。ちょうど夏休みだった私は、急遽セントレアから北海道行きの切符を手配して、札幌の叔父のもとへと急いだ。なんとか告別式には間に合った。叔父との最後のお別れをした後、名古屋行きの帰りの切符がなかなか取れず、8月20日まで親戚回りをして過ごすことにした。芦別、釧路、札幌と、めったに会えない親戚の人たちと再会して、楽しいひと時を過ごした。この旅が、父親との最後のふるさと旅行となった。春には有珠山が爆発した。父親と有珠山を眺めたのが、今では懐かしい思い出である。地元名古屋で人気だった、長寿の双子、成田きんさんが亡くなったのも、寂しく思い出される。

愛知県豊橋市 尾澤希久子さん 65歳 家族・親族流行・世相趣味・レジャー別れ

  • facebook
  • twitter
  • line

平成12年の国内・海外の主要ニュースを見る