年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年8月15日~9月30日

30歳になって

平成13年は私がちょうど30歳になったときでした。摂食障害になったのが19歳。病になり10年が経ちやっと少し症状が治まりつつあったものの、まだ闇の中にいるような将来が見えない状況でした。社会との関わりも持てず、今で言う閉じこもり、引きこもりの状態で栄養も取れないために、入退院の繰り返しで両親にも心配や迷惑をかけていました。カウンセリングに毎月通いながら、30代はどうなっていくんだろうと不安な中、それでも自ら命を絶つこともできずにもがき苦しんでいたというのが正直なところです。誰かがいつか救ってくれる、助けてと思っていました。今考えてみると甘かったと思います。自分で何とかしなければ何も変わらないことに気づいていませんでした。でもそれなりに頑張って精いっぱい生きていたと感じています。あの頃の私を抱きしめて、焦らなくてもいい、ただじっと我慢してとにかく生き抜いて信じていれば夜は明けると教えてあげたいです。周囲の人、特に両親に支えられたことに感謝していますが、その時は自分のことばかりで周りを見る余裕もありませんでした。懐かしいと思える今を幸せだと思います。

愛知県名古屋市(港区) 清水和美さん 47歳 家族・親族心身の変化悲しみ

  • facebook
  • twitter
  • line

平成13年の国内・海外の主要ニュースを見る