年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年8月15日~9月30日

長女と歩いたバージン・ロード

前年の2月に敬老パス資格を得たので、市主催の生涯学習の講座出席や他区主催講座授講にも利用、行動範囲が拡大し重宝した。またこの年に男の内孫が誕生した。辰年にちなんでか、名前に「竜」の文字が付いている。これで孫は男子が2名、女子が3名となった。4月に孫娘が小学校に入学した。ある日突然、隣のO君のおじいちゃんは歯が外せるが、私のおじいちゃんも外せるかと尋ねられた。外せないと答え、外せる訳を説明をして歯磨きの大切さを説いた。11月に長女が結婚した。式では真っ赤なじゅうたんのバージン?ロードを娘と腕を組んで歩いた。最初で最後と思って、照れ臭さ、うれしさ、寂しさなど複雑な思いで緊張し、足もとに一段と注意を払って進んだ。これで1人の子どもを独立させ、親の責任を果たしたとホッとした。これからは夫婦2人の新しい生活の再スタートと、噛み締めた。ワープロを使い始めてから、本紙の発言に興味を抱いて投稿を始め、平成11年で本年末までに幸運にも7回採用され、記事にしてもらったのを大変喜んだ。その後、知人らからは「発言記事を見た」とわざわざ電話をもらったり、また賀状には記載内容についてのコメントなども。新聞の広範囲への影響力をまざまざと知らされ、新聞はまさに社会の公器と確認できた。12月1日、皇太子殿下に長女の愛子様が誕生された。学区の指示で寒風吹きつける夜、町民は神社に集合願い、奉祝と記した紅白の提灯をそれぞれが手にして、1キロ先の学区内の北の神社まで練り歩いた。戦中の提灯行列を思い出したが、それを知る人はもうわずかである。

愛知県名古屋市(南区) 森部三登野さん 83歳 喜び家族・親族入学・進学出産・育児新生活・引越

  • facebook
  • twitter
  • line

平成13年の国内・海外の主要ニュースを見る