年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年8月15日~9月30日

拉致被害者になっていたかも

2002年、北朝鮮から拉致被害者5名が帰国を果たした。当時の報道によれば、帰国された5名を含め拉致被害者の方たちに多く共通していることは、日本海に面した地域に暮らす若者のカップルで、1970年代後半から1980年代前半に海岸で被害に遭われていたということである。この事実に私たち夫婦は体を震わせた。1980年代前半は私たちが結婚を前提に交際をしていた時期で、互いに石川県に暮らしていた。そして、当時のデートスポットの定番のひとつが海であった。ご多分に漏れず、私たちも車で日本海へよく出かけ、沈む夕陽を眺めながら夕暮れどきから夜にかけて過ごしたりした。妻が言った。「もしかしたら、その頃に海でデートをしていた私たちのすぐそばにも、北朝鮮の工作員が潜んでいて、私たちが拉致被害に遭っていた可能性もあったんじゃないの」と。私は二の句が告げず、背筋が寒くなった。妻の言うとおり、まさに拉致被害者の方たちと同じ状況下に私たちは度々いたのである。拉致被害は未だに解決していない。1日も早く全容が明らかになり、全ての方たちの早期帰国を願うばかりである。

愛知県北名古屋市 内野敬久さん 59歳 家族・親族流行・世相

  • facebook
  • twitter
  • line

平成14年の国内・海外の主要ニュースを見る