年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年10月15日~11月30日

猛スピードで駆け抜けた強烈な記憶

始発にも関わらず藤が丘方面行きの地下鉄は満員。下車するとリニモ乗り場には長蛇の列ができており、会場に到着すれば入場待ちの行列が目に飛び込んでくる。GWまでは落ち着いていたものの、それ以降は連日にぎわっていた愛知万博の毎朝の様子だ。前年、大学受験さながらの試験と夏ごろから始まった研修を経て、瀬戸日本館のアテンダントとして勤務していた私は、このように期待に満ちあふれたお客様の姿を見ながら勤務初日から最終日に向けて疾走感を感じつつカウントダウンの日々を送っていた。この期間は従業員としてのみではなくお客様としての視点も持ち合わせていたことで、短期間にも関わらずより濃密な期間になったと思われる。勤務が終了するとすぐロープウェイに乗り長久手会場へ移動し、終電まで会場で過ごした。帰宅してからも興奮が冷めないのか全く疲れは無く、当時流行していた韓流ドラマ『チャングムの誓い』を2話分観ていた。そして翌朝は再び始発で仕事に出かけ、休日も万博会場を終日回った。

愛知県名古屋市(中区) 稲生景子さん 41歳 楽しみイベント会社・仕事

  • facebook
  • twitter
  • line

平成17年の国内・海外の主要ニュースを見る