年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年10月15日~11月30日

猫が来た

その年は愛知万博。周囲はにぎやかで、私も幾度となく「〇〇が楽しかったから、行こうよ」と友人たちから誘われたが、それどころではない事態が突然やってきたのだ。当時私は病気療養中。そして17歳になる老犬「だいすけ」のお世話で手いっぱい。そこへなんと、突然朝起きたら庭に子猫が3匹も。生後1ヵ月ぐらいだっただろうか。そこからがドタバタ劇。3匹のうち1匹はもらわれ、1匹は感染症で亡なり、そして死の淵をさまよいながらも復活をとげたメスの黒猫が残った。その猫に「ここ」と名付け飼うことにした。ここは老犬だいすけの友となった。認知症でクルクル回り続けるだいすけのしっぽをおもちゃにして、よく遊んでいた。その2匹の姿に頬が緩んだ。だいすけが逝ってしまった後もペットロスから救ってくれた。ここは現在13歳。食べるだけ食べ、今では6.5キロのぽっちゃり猫に。猫は役に立たないと言われるが、いえいえ、いつも笑いをありがとう。こことの出逢い。それが私の平成17年だった。

愛知県豊明市 松本あずささん 52歳 喜び心身の変化出会い

  • facebook
  • twitter
  • line

平成17年の国内・海外の主要ニュースを見る