年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年10月15日~11月30日

楽しかった愛・地球博

平成17年の話題は何といっても愛知万博です。大阪万博は父に連れられて1回行っただけでしたが、愛知万博は5回行きました。5回というと少ないと思われるかもしれませんが情報収集をしっかりして行きましたので、入らなかったパビリオンは3カ所だけで存分に万博を楽しみました。どうして、それができたのか。まず自宅から最も効率よくまわれる交通手段を調べ、開場から閉場までいられるバスツアーを選択しました。人気パビリオンは3~4時間の入場待ちでしたが、1日2カ所まで可能なインターネット入場予約を活用することで、どのパビリオンも30分以上の入場待ちをすることが無いようにしました。ほとんどのパビリオンを4回までに見たので、5回目の時は予約システムが無く2時間待ちでも行きたかったドイツ館にも行きました。「サツキとメイの家」は往復はがきの申し込みの抽選で2回目に当選して入れました。バックヤードツアーはFAX申し込みの先着順でした。この2つは列に並んでも入れるものではなく、限られた人数の受け入れでしたので入れて本当に良かったです。万博外の会場ではSS席1万3千円のコンサートを入場整理券の配布時間にもらいに行き、無料で聞くこともできました。万博会場の入場券も最初2回は購入しましたが、後の3回は企業のプレゼントに応募してもらったものでした。会場内の移動手段もさまざまなものがありましたが、80歳の父と一緒でしたので高齢者だけのものも含めて全て乗ることができました。本当に楽しくて万博が終わる時は「終わらないで」と涙が出そうでした。なぜ、こんなに十分に楽しめたかというと新聞の万博特集記事や関連広告を丹念に見て情報収集したからです。常にアンテナを高くして情報収集し活用することを学び、その後の人生にも大変役に立つことになりました。

静岡県浜松市(北区) 堤茂子さん 66歳 楽しみ家族・親族イベント

  • facebook
  • twitter
  • line

平成17年の国内・海外の主要ニュースを見る