年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年10月15日~11月30日

穴子とヤシの実

日本中が注目する大きな話題が2つ、愛知県であった。ひとつは「中部国際空港開港」だ。この年、義父母が金婚式を迎え、鈴鹿市若松の穴子料理店でお祝いの食事会をした。夜の部屋の窓から見える海の向こうの知多半島方面に、ひと際明るい灯りが見えるのを店の人が教えてくれた。最短距離となる位置で近くに感じた。2月11日だったので、17日開港直前のセントレアの活気ある灯りだったのだ。もうひとつの話題は「愛・地球博」である。足腰が弱り始めた母も行ったので車椅子を借りた。すると各パビリオンで、並んでいる人とは別の列から優先して通らせてもらい、申し訳ないほどの優しい待遇を受けた。これからの社会もこうあって欲しいと思った。母や娘と一緒に、初めて飲んだヤシの実ジュースの甘さと重なる温かい思い出だ。この2つの話題は、おいしい思い出であるのと同時に、力強い未来を感じたことであり、懐かしく思う。今度また、穴子料理やヤシの実ジュースを口にした時、この気持ちが蘇るだろう。

三重県鈴鹿市 尾崎真実子さん 57歳 家族・親族イベント趣味・レジャー

  • facebook
  • twitter
  • line

平成17年の国内・海外の主要ニュースを見る