年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年10月15日~11月30日

素晴らしき41歳

2006年はトリノ五輪開催の年で、荒川静香選手が日本で唯一金メダルを獲得、「イナバウアー」が流行語大賞となりました。私は当時29歳で20代ラストイヤーでした。この年の9月16日、41歳でプロ23年目の山本昌投手が素晴らしい記録を達成しました。この日は土曜日。ナゴヤドームで阪神戦がデーゲームで開催され、山本昌投手は先発のマウンドに。私はその日は仕事だったため、帰宅途中の車のラジオで結果を知りました。ラジオから流れてきたのは山本昌投手のヒーローインタビューでした。ラジオの実況が口にしたのが無四球のノーヒットノーラン。許した走者は赤星選手のみ、サード森野選手の失策によるものでした。その赤星選手が28人目の打者となりましたが、見事に打ち取ってゲームセット。山本昌投手は41歳でノーヒットノーランを達成と、日本プロ野球最年長記録を樹立しました。この日から約1ヵ月後に、中日ドラゴンズは2年ぶり7度目のリーグ優勝を果たしました。山本昌投手は9年後に50歳で現役を引退。中日ドラゴンズに32年間在籍しました。ちなみに私は山本昌投手と同じ巳年で年齢はひと回り違います。私は今年、山本昌投手がノーヒットノーラン達成時の年齢、41歳になりました。

愛知県常滑市 後藤章峰さん 41歳 喜び流行・世相

  • facebook
  • twitter
  • line

平成18年の国内・海外の主要ニュースを見る