年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年10月15日~11月30日

退職後で最も充実していた年

平成18年は私にとって、定年退職後に最も安定し充実した年でした。平成16年3月に名古屋市の図書館を定年退職して、嘱託の調査研究員として名古屋市博物館に勤務し3年目、仕事にも慣れ、職員の方々にも親切にしていただき、不満のない毎日でした。初めのうちは仕事に対する不安もありましたが、結局はそんな心配も杞憂に終り、仕事の内容を把握するにつれて次第に居心地が良くなってきて、この年あたりが最も充実し、また楽しかったように思います。さて、私は若い頃から刀剣が大好きで、就職して最初のボーナスをもらったら絶対に刀を買おうと思っていたぐらいでした。あちこちの刀剣展示会にも足を運んでいましたが、幸い博物館には名刀の展示会があり、学芸員で刀剣に関して非常に深い知識をもった方もいたため、その方からいろいろと教えてもらい、全く思ってもいなかった実に有意義な毎日を過ごさせてもらいました。私生活では、1月に4人目の孫が誕生しました。上3人の孫は遠く離れた九州にいて、めったに会うこともなかったため、この孫娘が初孫しかも内孫みたいな感覚で、それこそ目の中に入れても痛くないような気持ちでかわいがり、自転車の前に取り付けたイスに座らせて、あちこちの公園で遊ばせたり、市内を走り回ったりしました。さらにこの孫が2歳になった時、透き通ったきれいな海で泳がせようと思い、年に一度のグアム旅行を企画しました。これは今も続けており、2018年で11回目になる旅行へ、私と妻、娘、孫たち3人、計6人で近いうちに行く予定です。

愛知県春日井市 生方勝也さん 75歳 楽しみ就職・転職趣味・レジャー

  • facebook
  • twitter
  • line

平成18年の国内・海外の主要ニュースを見る