年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

本サイトは2019年12月20日をもって終了となります。今までご愛顧をいただき、誠にありがとうございました。

作文応募期間:平成30年11月15日~12月31日

敗者復活からの歓喜

平成19年、私は30歳になりました。30年間で待ち望んでいたのが中日ドラゴンズ日本一です。このシーズンは読売ジャイアンツがリーグ優勝を果たしました。この年からのセ・リーグでも実施されたクライマックスシリーズで、中日は阪神と巨人を破り、セ・リーグ2位ながら日本シリーズ進出を果たしました。相手は前年と同じ北海道日本ハムファイターズ。パ・リーグ2連覇も達成しました。初戦は相手投手のダルビッシュ有に翻弄され負けましたが、2~5戦目は中日ドラゴンズが勝利して、53年ぶりの日本一を達成しました。特に第5戦目は、先発の山井大介は一人のランナーを許さない完全試合投球でした。点差は1点で最終回を迎え、落合監督は岩瀬仁紀投手に交代を告げ三者凡退でゲームセット。投手交代が物議を醸しました。岩瀬仁紀投手もプレッシャーを感じたと思いますが胴上げ投手になりました。ナゴヤドーム開場10年目で初めて日本一に到達、53年ぶりの日本一は落合監督のオレ流采配での歓喜でした。

愛知県常滑市 後藤章峰さん 41歳 喜び流行・世相

  • facebook
  • twitter
  • line

平成19年の国内・海外の主要ニュースを見る