年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年11月15日~12月31日

へそくりが消えた日

出張で米子方面に出かけた際、電車内の電子掲示版に、アメリカで大きな倒産という文字が見え、株式市場が大暴落という記事も出ていた。もう気分的には、仕事のことよりも自分の大事なへそくりで楽しんでいる株の価格のことの方が気になりだしました。これではいけないと思いながらどんどんと気持は高鳴っていきました。ネットで調べるとやはりアメリカの大手証券会社のリーマン・ブラザーズの破綻でした。日本の株式市場も大変な状況でした。こつこつと買い集めた株も半値八掛けの価値もありません。もうしばらくは様子をみるしかありませんでした。しばらくするともう一人の自分が頭の中にあらわれて、“小遣い程度の金額だから心配するな”と言うのです。商売も全く同じで、目いっぱいの金額を突っ込むと危険であることが分りました。見返りを期待すると裏目も必ず起ることも知りました。何が起るか分らない時代に入ったと身をもって理解できました。100%安心はありませんから、身の丈に合ったお金の使い方を考えるように心がけた事例になりました。まだまだ人生は長いです。失敗は成功の元と言うように、無理な勝負はしないように心がけます。ただその後、商売にも厳しい不景気が襲い、大変な数年になりましたが。

三重県四日市市 山本文雄さん 62歳 流行・世相

  • facebook
  • twitter
  • line

平成20年の国内・海外の主要ニュースを見る