年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

本サイトは2019年12月20日をもって終了となります。今までご愛顧をいただき、誠にありがとうございました。

作文応募期間:平成30年12月15日~平成31年1月31日

ボランティア活動に生きる

世界中がリーマンショックから立ち上がろうともがいていた。株価はみるみるうちに3分の1ほどの値打ちにまで下がってしまった。ビギナーとしてはただただ、茫然自失の態。だが、実はこれこそがチャンスなのであった。専門家や投資家は心中ホクホクであり、次なる獲物を物色し、狙いを付けて止まなかった。しかしながら経済が傾き、政治的ほころびが次々に噴出すると、政権はついに民主党に傾いた。「宇宙人」との異名をつけられたのは鳩山由紀夫代表であった。当時既に夫も他界、1月に父親を亡くした私においては、かつての社会保険庁の職員による保険料の使い込みが発覚したことへの憎悪もあり、連立政権への期待が大いにあったと思う。誰もが健全な政治を切望していた。沖縄が今も昔も相変らず不幸な境遇から逃れられない現状を日本中誰もが知っていながら、変えられないでいる。アメリカの顔をうかがっているこの国は、敗戦国。しかもかつて近隣諸国を侵略せんと企てたなれの果てであった。しかし今は民主的に生きようといているのだから、いちいち蒸し返してはならない。このような状況下にあって、私は独り身になってはいたが今までよりもさらに新聞記事を読むようになった。それはただ読むことが好きだからだけでなく、何といっても20数年にわたり音声訳のボランティア活動を続けていたからであろう。

愛知県みよし市 石川芳子さん 65歳 流行・世相会社・仕事

  • facebook
  • twitter
  • line

平成21年の国内・海外の主要ニュースを見る