年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年12月15日~平成31年1月31日

大病で方向転換

この年は、私にとって一生忘れない年になった。3月、40年間勤めた職場を退職し、週2、3日、半日の仕事(再任用)を始めて2週間が過ぎた時だった。歓送迎会で、会が始まる前は、歩いていても何かフラフラする感じがした。会が始まったらいつもの自分に戻ったが、帰宅してから緊急入院が待っていた。今まで狭心症という持病を抱え、循環器内科に通院し、普段から薬も服用していた。その中で発作(胸痛)が出た時に飲むようにもらっていたニトロがきかない。急いで夫が救急車を呼び、病院に運ばれた。診断は「急性心筋梗塞」だった。カテーテル治療を受け、それから47日間の入院生活を送った。私の第二の人生計画は、大病で方向転換することに。体を動かすことの好きな私だったが、激しい運動は禁止され、ウオーキング程度。常に学ぶ機会が欲しくて、通信教育を始めいろいろな資格を取ったが、なかなかその資格を生かす機会がなかった。というのも、今度は夫が病気になり、私が介護する立場になったのだ。やっとヘルパーの資格をとった時の知識が役立った。自分が大病をしなかったら、今頃どんな生活を送っていただろうと思う。仕事中心の生活で、地域のことに目を向ける時間もなかったが、今は、少しでも地域のためにとゴミの分別のボランティアをやっている。

愛知県名古屋市(名東区) 清水清美さん 68歳 会社・仕事就職・転職心身の変化

  • facebook
  • twitter
  • line

平成22年の国内・海外の主要ニュースを見る