年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成30年12月15日~平成31年1月31日

新時代の女房に

平成22年、私は結婚した。夫の職場の近くに引っ越し、全く縁のない土地での生活がスタートした。持病があったため、うまくやっていけるのかとても不安だった。移動手段は自転車。どこに行くにも自転車のため、いつの間にか腹筋が割れ、太ももの筋肉が妙に発達していたのには驚いた。毎朝の主人の出勤時間と朝ドラ『ゲゲゲの女房』の放送時間が重なっていた。毎朝いきものがかりの主題歌を聞きながら、「パン食べるかな」と聞くことが習慣になっていた。それがささやかな幸せだった。松下奈緒さん演じる妻は、貧乏生活でも文句一つ言わず、主人の仕事を懸命に支える妻の鏡のような女性だった。太平洋戦争を経験、影響を受けた方々の強さは本物だった。私もこんな風になれたらと、少し力んでしまっていた気もする。新婚生活は育った環境が違う者同士が、互いの考えをすり合わせていく大切な時期。互いに若かったから、けんかをしてしまうことが多かった。あの頃の私に言ってあげたい。理想の奥さん像にとらわれることなんてない。あるがまま、徐々に夫婦で関係を築いていけばいい。肩の力を抜いて、笑顔で話し合えばきっと分かり合えるよ、と。

愛知県豊橋市 鶸田恵梨さん 37歳 家族・親族新生活・引越

  • facebook
  • twitter
  • line

平成22年の国内・海外の主要ニュースを見る