年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成31年1月15日~平成31年2月28日

災害から学んだこと

平成23年早春、私は、臨時職員としての任期満了を間近に控え、就活にいそしんでいた。そして、あの日もちょうど午後から面接の予定があった。慌ただしく支度を済ませ、家を出ようとしていた時、テレビで津波が迫ってくる様子が映し出されていたように思う。時間がない私は、ほとんど気に留めることもなく、家を出た。思いのほか時間を取られ、帰宅したのは日が暮れてからであった。だからなのか、東日本大震災のリアルな記憶は、あまりない。どこかで、現実味を帯びた出来事として、私の中で捉えられていないところがある。あれから、早8年が過ぎようとしている。その間に、私なりにテレビを見たり、本を読んだりして、あの震災について学んだ。未曾有の災害がもたらした底知れぬ恐怖、不条理な世界、遺された人々の悲しみ。地震の多い日本では、この先もいつどこで巨大地震が起きるか予測はできない。その時のための備えは、物理的なものから、心の準備にいたるまで、あらゆる限り、尽くしておくべきだろうと思っている。

山口県山陽小野田市 小松谷典子さん 47歳 天候・災害

  • facebook
  • twitter
  • line

平成23年の国内・海外の主要ニュースを見る