年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成31年1月15日~平成31年2月28日

アタリ年

昨年に引き続き、あと味の悪い「初夢」で幕を開けた。高齢の親族たちのお見舞い三昧の年でもあり、家庭と仕事の両立に追われ、自営業の仕事もパソコン相手の内容へシフトして行った。もうこれで最後だからと思い、3歳の甥っ子に初売りで手に入れた「淡い紫色のドレス」を贈った。女の子が欲しかった姉は3人の子宝に恵まれたが、全員男の子だった。忙しさに疲れきって、10年ぶりに長い髪をバッサリ。親族の愚痴の聞き過ぎで、不調の兆し。吐き気止めを飲むようになる。テレビで見たスカイツリー開業で活気づいた東京観光に行きたかったが、海外へ行く方が現実逃避できるし、安く済むため台湾へ。観音像に平和を祈り、土産物店で木彫りのブタを手に入れ、夫婦円満を願った。12月に3度目の入院から復活した母と小旅行。北海道旭川の有名宝くじ販売店を訪ねるツアーへ。母はラーメンやスイーツで食欲も回復。私は数日後に7年ぶりの胃腸炎でダウン。母も私も宝くじの結果はハズレ。私だけ腹痛に“アタリ”でお終い。今は亡き母。「もう一度、旭川に宝くじを買いに行きたい」と言っていたけれど、願いを叶えられずにごめんなさい。

北海道札幌市(中央区) 高橋里美さん 44歳 趣味・レジャー心身の変化

  • facebook
  • twitter
  • line

平成24年の国内・海外の主要ニュースを見る