年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成31年2月15日~平成31年3月31日

義母との別れ

義母が私たち夫婦を励まし、楽しませてくれた思い出はいつまでも脳裏に残っています。神戸生まれの関西人、お父さんの都合で大垣に来た彼女。言葉は最後まで関西弁でした。平成25年4月に95歳で亡くなりました。少し前から病気に悩まされて、老人ホームでお世話に。容体が心配な主人は、会社から車で30分ほどある施設に1日おきに見舞いに行っていました。雪の日も、雨の日も欠かさず見舞いに行く姿を見て、私は母を思う心の重さを感じていました。私も12年前に亡くなった母のことが思い出されました。今、両親は亡くなり寂しさがありますが、もう少し夫婦で健康に暮らして生きていきたいと思う日々です。

岐阜県安八町 中名礼子さん 78歳 家族・親族別れ

  • facebook
  • twitter
  • line

平成25年の国内・海外の主要ニュースを見る