年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成31年2月15日~平成31年3月31日

母の葬儀から愛犬も旅立つ

母が3月に肺炎にかかり、入院後は点滴だけでしたが2ヵ月生き抜いてくれました。5月2日、家族に見守られて永眠しました。その前も介護状態でしたので、無理な延命治療はしませんでした。父の時に経管栄養処置したことが、本人の幸せなのかと感じていたからです。前年の米寿の祝いの時、黄色のちゃんちゃんこを着た母の笑顔は忘れられません。秋の9月27日朝、愛犬リュウも13歳9ヵ月で誰にも見守られずに旅立ってしまいました。リュウはわが家に来た最初の犬でした。突然、夫の友人が飼わないかと雑種の子犬を連れてきたのです。犬が苦手だった私でしたが、そのかわいらしさから愛犬家に豹変しました。母も苦手でしたが、晩年は優しい目で見つめていました。夫が一番かわいがっており、最後のお別れをしたかったのですが、隣家の葬儀が重なりできませんでした。私と次男が、箱に花とリュウを納めて火葬場へ運びました。人の命も動物の命も尊い家族として、心に染みた平成25年でした。

愛知県西尾市 石川春美さん 64歳 家族・親族別れ

  • facebook
  • twitter
  • line

平成25年の国内・海外の主要ニュースを見る