年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成31年2月15日~平成31年3月31日

「美しく青きドナウ」に魅せられて

やがて、ひとときの静寂の後幕は上がったのでした。合唱団の誰もが、緊張の中にいました。何といっても団、結成10年を飾る記念すべき初コンサート演奏の始まりが告げられたのですから無理もありません。指揮を執る先生は皆のこわばった顔を和らげるかのように、いつものにこやかな口元でそっと、ささやかれたのでした。「さあ、思い切り歌ってご覧なさい」。そう感じたのは私だけでしょうか。広いホールに響くピアノ伴奏。皆の心はいつしか一つになって、「この道」や「からたちの花」を歌う頃にはすっかり打ち解けていました。この日の為に歌い続けてきた数々の宝物。とりわけ私にとってこの年は、人生60年の再スタートとも言うべき還暦。しかもこの時MCを務めてくれたのは、もう一つのボランティア活動である音声訳の後輩でした。そして節目よくこの年、活動歴30年を迎えたのでした。まさに「よろこびの三重奏」といったところでしょうか。やがてコンサートは休憩を挟み、先生との「美しく青きドナウ」のワルツと進み、大きな山場となり盛大な拍手をいただいたのでした。以前、先生のコンサートでバックコーラスを受け持ち、その雄大なソロの響きに打ちのめされた私は、当時伴侶を亡くした闇から希望を授けられたのです。まだ母も健在で叔母たちも客席にて見守り、「今まで生きてきて最高の年」と思えたひとときでした。マイクを前にして一字一句間違えることなく、文章を音声に換える緊張感もさることながら、大きな舞台はことさら大海原に舟を漕ぎ出すような爽快さがありました。日本丸もこの年、東京五輪2020に向けて大きく漕ぎ出していきました。

愛知県みよし市 石川芳子さん 65歳 喜び友人・仲間趣味・レジャー

  • facebook
  • twitter
  • line

平成25年の国内・海外の主要ニュースを見る