年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成31年2月15日~平成31年3月31日

糖尿病教育入院と名古屋場所

30代後半の暴飲暴食がたたって、糖尿病の指数である「ヘモグロビンA1C」は悪化の一途をたどっていた。そして、医師の進言もあり、2014年7月、2週間の教育入院をすることにした。入院先は当時、仕事上の付き合いがあった名古屋城近くの小さな病院。7月の名古屋城といえば、毎年、城内にある愛知県体育館で大相撲名古屋場所が開催されている。毎朝、病院の窓を開けると、触れ太鼓が聞こえ、名古屋の暑い夏を感じながらの入院生活だった。また、入院とはいえ、治療の一環として適度な運動が必要なため、1日3回のウオーキングが課せられていた。界隈は都心とはいえ緑も多く散歩コースには事欠かなかった。そして名古屋場所開催中のため、名古屋城の二の丸に入れば場所の雰囲気も感じることができ、場所へ通う力士たちに出逢うこともしばしばであった。この場所では関脇豪栄道が活躍し、場所後に大関昇進を果たしている。名古屋場所とほぼ重なった2週間の入院の結果、糖尿病の数値は大きく改善し、その後も継続的な運動と食事療法により、なんとか薬を飲むことなく糖尿病と付き合っている。

愛知県北名古屋市 内野敬久さん 60歳 イベント心身の変化

  • facebook
  • twitter
  • line

平成26年の国内・海外の主要ニュースを見る